コラム

 公開日: 2012-10-27  最終更新日: 2014-06-04

吉田松陰と仏教の学び方

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 産経新聞に連載されている『紅と白』の第25回へ何気なく目をやり、思わず短い5行を三たび読み直しました。
 そして、当山の理想が松下村塾に通じているのではないかと言ったAさんのきりっとした口元が思い出され、ようやくその胸の内が理解できました。

「かならず松陰が『ではこの教えは現代(いま)にたとえるとこういうことになります』、また『この時勢にこの主張を実践するにはこうすべきではないでしょうか』といったぐあいの解説や問題提起をおこない、塾生とともに討論して理解をふかめ、現実問題の解決策をも探求した。」

 真理に気づいたお釈迦様がそれを説かれたのは2500年前、それから現在までの間に無数の経典が編まれました。
 いずれも真理を解き明かすものではありますが、あくまでも人間の営みに立脚する思想を根底とする仏教は、フォントを転換するように、学ぶ人間が、自分の生きている時代と環境に合わせて柔軟に理解する姿勢があってこそ、真の救いとなり得ます。
 それを促すところにこそ、仏教が時代を超えて〈万人を救う〉可能性があります。
 もちろん吉田松陰の思想は仏教ではありませんが、冒頭の文章は、思想が生きるためにはどうあらねばならないかというポイントをついており、はからずも、お告げの宗教でない仏教を学ぶ者への鋭い戒めになっています。
 もしも、経典にこう書いてあるからといって、無条件にその通りでなければならないとするならば、万物流転の現実にあって自分も変化しながら生きる人間を架空の空間へ閉じ込めることになってしまいましょう。

 お釈迦様が一人娘を失って嘆き苦しみから抜けられない母親キサーゴータミーを救われた話を考えてみます。
 お釈迦様は、お釈迦様の超能力で亡くなった娘を生き返らせてくださいと頼むキサーゴータミーへこう約束されました。
「貴女を救いましょう。
 そのために、貴女は一人も死者を出したことのない家から芥子の実をもらってきなさい」
 キサーゴータミーは夢中で村中を歩きますが、ご先祖様を亡くしていない家がないのはもちろん、あちこちにさまざまな形で家族を失った家があります。
 とうとう空手でお釈迦様のもとへ戻ったキサーゴータミーへお釈迦様はようやく、無常の理を説かれます。
 現実に目を向け、心を開いたキサーゴータミーの心の深いところへ届いた教えは約束通りに救いをもたらしました。
 道理から外れた勝手な考えや望みが苦の原因であることを悟ったキサーゴータミーは救われたのです。
 お釈迦様は慈悲と智慧できっかけを与え、あとはキサーゴータミー自身が涙と汗と智慧で自らを救ったところにこそ、慈悲と智慧、そして因果応報の理に立った仏教のありようが明らかになっています。

 万物が無常であるのは当然、お釈迦様の時代も今もまったく変わらない真理ですが、無常の顕れ方も、それがスッと腑に落ちるための方法も、当時と今と同じというわけにはゆきません。
 何に無常を観るか、どうやって無常がもたらす悲哀や苦悩から脱するか、〈現代にたとえ〉〈実践する〉具体的な道を探す智慧が求められています。
 それは過去も現在も未来も変わりません。
 心して学び、心して実践し、心して語りたいものです。
 Aさん、ありがとうございました。
 これからもご縁の方々と共に精進します。



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ