コラム

 公開日: 2012-11-03  最終更新日: 2014-06-04

自分が自分の主人である、ならば……

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 お釈迦様は説かれました。

「あなたはあなたの主人です」

 だから、どう生きるかは自分自身にかかっています。
 誰のせいにもできません。
 たとえ過酷な状況になったからといって、神様や、ご先祖様や、水子霊などのせいにするのはお門違いです。
 もちろん、格差の酷い社会に生まれたせいでなかなか浮上できないとか、戦争が起こったのでやむなく人殺しをしてしまったとか、苦の原因を環境や社会に求めたくもなるでしょう。
 しかし、人は、自分の過去の因縁が元となっていずれかの世に生まれるしかなく、そこがいかなる世界であるかを誰かのせいにすることは意味がありません。
 運命を呪っても、天に唾すれば自分が汚れるのと同じく、呪った報いを自分で受けるしかないのです。
 人は、〈そこでどう生きるか〉を自分で決めること、そして、そこをどうするかと考え〈そこにどう関わるか〉を自分で決めることしかできません。
 つまり、個人的な業(ゴウ)を積み、社会的な共業(グウゴウ)を積みつつ生きるのが、この世に生を承けた私たちの定めです。
 業も共業も私たち自身によって善悪それぞれに積まれ、そのありようは私たちの明日に関わり、未来へ関わり、また、いかなる世界に生まれるかに関わってきます。
「自分が自分の主人である」とはこういう意味です。

 仏教は、360度、どこをでも目指せる私たちへ、その人なりのまっとうな生き方を考えさせます。
 ただし、決まった経典はありません。
 超一流の行者、聖者方によって真理を説く経典と認められ、時代の荒波にもまれて風化しない普遍的な意義を持つものだけが膨大な経典群をなしています。
 今も世界のどこかで、お釈迦様やお大師様のような超天才によって経典や哲学体系が編まれていることでしょう。
 とは言え、決して〈何でもあり〉ではありません。
 現代までに探求された仏教の要点は二つです。
 一つは因果応報、もう一つは空(クウ)です。

 原因があれば結果が出るし、結果があれば必ず原因があるという因果応報の理は、善く生きるという倫理を支えます。
 他のためを思って生きる人はいつかきっと、その心にふさわしい何ごとかに恵まれ、互いを思いやる人々によって構成される社会は必ず、人々が安心感や幸福感に恵まれる機会をもたらすことでしょう。

 すべては直接的原因である「因」と、そこに影響を与える間接的原因である「縁」のはたらきにより「果」となって生じている空(クウ)のありようをよく観れば、道理からずれたさまざまな愚かさや、愚かさがもたらす苦しみから解放されます。
 種を蒔けば、その「因」に対して温度、水、光、養分などの「縁」が必要であり、因縁が熟せば花という「果」にたどりつきます。
 充分な「縁」に恵まれなければ、花という「果」には至らず、腐って土に還るという「果」が待っているだけのことです。
 また、子は親によって子となり、親は子によって親となり、生徒は教師によって生徒となり、教師は生徒によって教師となります。
 子も親も、生徒も教師も、自分だけでは何者にもなれず、相関関係として仮に存在しているのであり、すべて空なのです。

 仏教が説く真理を考えれば、自分が自分の主人として自分の運命を創ってゆくイメージをつかめることでしょう。
 また、そうして創られた一人一人の運命が集まり、関係し合って社会の運命を創ってゆくイメージもつかめるのではないでしょうか。
 空であればこそすべての可能性があり、因果応報であればこそ善く生きる生きがいが確保されます。
 さあ、自分の主人としてあなた任せではない確たる一歩を踏み出しましょう。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ