コラム

 公開日: 2012-11-05  最終更新日: 2014-06-04

寺院はいかにあるべきか?(その8) ─世俗的な力を志向しない─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





○仏教は宗教であり、教えと仏神のご加護により自分の心と行動のありようを律してまっとうに生き、その結果としてより住みやすい社会となるよう努力しましょう。

1 人と宗教の縁について

 幸せも不幸せも、安心も不安も、根本的には誰のせいでもなく自分の考え方や生き方のせいであると気づくところから宗教の扉は開きます。
 たとえば、「酒好きの父親のために自分は不幸だ」と考えるかも知れませんが、そうした若年期を過ぎてどうなるかは人それぞれです。
 親と同じように酒に溺れる人もあれば、酒の恐ろしさが身に沁みて酒に流されないよう気をつける人もいれば、酒による依存症の撲滅運動に汗を流す人もいることでしょう。
 そもそも、自分の眼を通してしか見えず、自分の耳を通してしか聞こえず、自分の鼻を通してしか嗅げず、自分の舌を通してしか味わえず、自分の肌を通してしか感触がわかりません。
 自分が自分と思わなければ、自分すらいるかいないかわかりません。
 たとえば、同じ赤い色でも人によって見え方が異なり、受ける感じも異なるし、同じ音でも、人によって聞こえ方が異なり、受ける感じも異なります。
 もちろん、言葉も同じく、ある人にとっては嬉しい励ましとなり、ある人にとっては心を切り裂くナイフともなってしまいます。
 つまり、自分の心に映る世界は自分の心のありようによってとらえられ方が違うので、自分の心のありようを無視していかに幸せや安心を探しても、ザルで水を掬う時と同じ結果になりかねません。
 
 人はすべて、賢い一方で愚かであり、強い一方で弱い生きものです。
 自他へ起こる理不尽、不条理、不可抗力と思われるできごと、あるいは自他の死にぶつかった時、賢く強く対応できる人もいれば、愚かさや弱さが浮き彫りになり、潰されかねない人もいます。
 追いつめられてどうなるか?
 そこで、これまで、現象世界の裏にあってあまり意識されていなかったこの世の成り行きや、自分という存在の足元、生に伴っている死、そして超越的な仏神の世界が観えたり実感されたりします。
 経典や小説や誰かの一言が今までとは違った新鮮さで心へ響いてきたりもします。
 そしてそれまで培われてきた心が何か象徴的なできごとに鋭く感応した時、心は哲学的方面や芸術的方面や宗教的方面へ強く動きます。

 こうして自分の心が自分にとって問題となり、聖者の教えが問題へとり組む重要な切り口であると実感されれば、世俗的原理と無関係にはたらき、日常的な喜怒哀楽に揺るがせられない世界へ踏み込み始めています。
 もちろん、こうした成り行きは〈それ〉と意識されず、〈そう〉なっているものです。

2 宗教と世間への態度について

 せっかくこうして揺るがない幸せや安心を得られる可能性のある生き方へ向かっても、生活は世俗的原理からなかなか離れられません。
 たとえば、仏教は徹底して意志を重視し、結果を問わず、み仏は意志のありようを平等にご覧になっておられると説きます。
 だから、技術は未熟でも、クラスメイトの誕生日を祝おうと懸命にピアノを弾く子供には大きな拍手を送られ、他人の歓心を買おうとこれ見よがしに技術をひけらかす人は渋面でご覧になっておられることでしょう。
 清浄な善き意志を持つことこそ、仏教における理想的人間像です。
 最も古い経典の一つとされている『法句経』は説きます。

「悪行をなさず
 善行を実践し、
 自分の心を清める
 これが諸々の聖者の教えである」

 それなのに、教団も信徒もいつしか結果重視の世俗的原理にはまり込んで行くのです。

 信徒へ信徒の獲得競争や、お布施の集金競争をやらせ、〈成績〉の優秀な者は組織内の地位が上がる。
 こうした宗教教団は世俗的原理によって動き、世俗的力によってより大きな幸せ感や安心感を与えようとしており、堕落した姿です。
 やがて教団は世俗的原理そのものをめざすようになります。
 政治権力を求め、財力を求め、賞賛を求めます。
 こうして教団は世俗的原理から離れて智慧をはたらかすのではなく、世俗的結果を求める日常的な知恵や知識で動き、信徒は日常的な満足感を喜ぶようになります。
 確かに、教団は言うでしょう。
「ご本尊様は喜んでおられます」「経典の理想を実現するためです」
 しかし、よく考えてみましょう。
 会社で部長になった満足感と、オウム真理教で正大師になった満足感と、教団で高い地位を与えられた満足感と、どこが違うのでしょうか? 
 もちろん、こうした満足感を否定するのではありません。
 そうした〈満足感〉とは異なったものを求めないではいられないからこそ、そうした〈地位〉などとは無関係な心のありようを求めたからこそ、宗教を信じたはずではなかったのかと問いたいのです。
 本尊のためや教団のためという目的によって、世俗的世界と変わらない心を喚起されているとてつもない欺瞞に気づいて欲しいのです。
 実態を直視すれば、ことは明らかです。
 堕落した教団内のあちこちで、高慢心や嫉妬心や権力欲が明滅してはいませんか?
 
 いつの世も、こうして宗教は堕落の道をたどりました。
 世俗的力を決して志向せず、自他の苦を抜くために、一心の錬磨をこそめざしましょう。
 『法句経』は説きます。

「花の香りは風に従って広がる
 徳の香りは風に逆らってでも広がり、
 神々の世界へも届く」

 だからといって、社会のありように無関心であれというのではありません。
 社会の悪しき共業(グウゴウ)を消すために宗教を信じる者の志すべきは、心を錬磨し、自(オノ)ずから広がる徳の香りで共業を清めることです。
 いかに義憤を持とうと、いかに信仰の弘法をはかろうと、決して世俗的権力欲、財欲、名誉欲へ走らず、宗教的信念から逸脱せぬよう自(ミズカ)らを戒めつつ進みたいものです。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ