コラム

 公開日: 2012-12-07  最終更新日: 2014-06-04

人間不信・政治不信を解くために

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 今日の河北新報「持論時論」の欄に「人間性の崩壊に危機感」と題して投稿を行いました。
 なりすまし社会の問題は小さくないと考えたからです。
 お互いに自分を飾りたいのは重々承知の上で人間関係は成り立っています。
 関係が保たれるのは、飾り具合に暗黙の〈程度〉というものがあるからです。
 常識や良識が判断する許容範囲とも言えるでしょう。
 しかし、そこを超えれば深い欺瞞となり、許されざる程度の嘘は自他を滅ぼしかねない悪行となってしまいます。

 私たちが〈程度〉の感覚を保つためには、「生身の人間として生身の人間と会う」ことが欠かせません。
 なぜなら、この尺度は、第六感も含め持てる感覚を総動員して集めた情報によってつくられる安全確保の土台だからです。
 生存本能とでも言うべき精妙なレベルの尺度は、自分を守り、ひいては他人をも守りつつ社会を成り立たせています。
 11月1日にNHKテレビが放映した「クローズアップ現代」を観て、ここが崩壊しかけていることを感じ、身震いする思いで拙稿を書きました。

 さて、今般、衆議院議員選挙が行われています。
 12月4日から5日にかけて河北新報が行った宮城県内6選挙区の調査による<候補者選択基準>は以下のとおりです。
1 政党の政策やマニフェスト……37.3%
2 候補者本人の政策………………20.1%
3 候補者の人柄や経歴……………17.1%
 確かに政治は政策の実現という形で行われ、政党政治である日本においては「政党の政策」が第1番目に来るのは当然でしょうが、現在の政治不信の根はどこにあるかを考えると、ぐっと詰まる思いです。
 私たちの本音はどこにあるでしょうか?
 個別具体的には別とし、一般論として政治家たちが信用できない。
 これが圧倒的ではないでしょうか。
 そして、国際政治は激動し、まさに政治は生きものです。
 ならば、私たちは、何よりも信頼に足る人物を選ばねばならないのではないでしょうか。
 しかし、現在の小選挙区制では、それがほとんど不可能です。
 かつて行われていた中選挙区制においては、多少問題はあっても豪腕でどんどんやる人、清廉潔白で客観的な視点を失わない人、徹底して弱者のために汗を流す人など、さまざまなタイプが選ばれました。
 当然、その中には政党を超えて支持される方々がおられました。
 少なくとも、住民の〈代〉弁者として政策を〈議〉論する〈志〉士である代議士が、いかなる人物であるかにかかわらず政党の立てる旗一本で選ばれるなどということはありませんでした。

 もちろん選挙制度には一長一短があり、現在の制度で選挙が行われている以上、今回、私たちはできる範囲で考え、投票するしかありません。
 そこで、提案があります。
 候補者本人がいかなる人物であるか、住んでいる地域の住民に聞いてみましょう。
 あるいは、なりわいとしている業界でいかなる評価を受けているか、同業者に聞いてみましょう。
 また、これまでどんな政治活動を行ってきたか、あるいはいかなる主張をしてきたか、候補者と接した人々に聞いてみましょう。
 そして、個人演説会などの演説会へ足を運び、誠実さはどうか、熱意はどうか、智慧はどうか、第六感まで総動員して〈人物〉を判断したいものです。

 政策などは状況に応じてどうにでも変わります。
 しかし、変わらないのは政治家の人間性です。
 そして私たちの抜きがたい政治不信は、政治家不信に根を持っています。
 ならば、私たちが国政に直接かかわれる貴重な機会である選挙において、私たち自身が誠実に熱意を持って智慧をはたらかせ候補者の人物判断をすべきではないでしょうか。
 なりすましを見破りたい、と言えば言葉はきつくなりますが、〈選挙のときだけ〉の人物に私たちの未来を託すわけにはゆかないのです。




 
 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ