コラム

 公開日: 2012-12-14  最終更新日: 2014-06-04

東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(第119回)高橋香温先生の常設ミニギャラリー─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







 当山は、東日本大震災後のご縁をきっかけとして、名取市閖上(ユリアゲ)で被災された書家高橋香温先生を毎月お招きし、書道と写経の教室を開いています。
 閖上はいまだ、町としてどう復興をめざすか、方向性すら決まってはいません。
 そうした中、被災された方々の多くは、当時の思いを抱えたまま、手探りするような日々を生きておられます。
 1年9カ月が過ぎ、あれほど〈絆〉が語られていたにもかかわらず、未曾有の大災害はもはや、日本という規模においては風化しつつあるのではないでしょうか。

 福島市に仕事場があった作家冲方丁(ウブカタ・トウ)氏は福島と東京を行ったり来たりしつつ「生活の立て直しに躍起になって」いるそうです。
 氏は12月9日付の朝日新聞へ「福島へ戻るたびに思うこ」という、辛辣、かつ、恐ろしい一文を書いています。
 復興予算が、被災地とまったく関係のない事業に使われ、除染がその場しのぎでしかなく資金を垂れ流す終わりのない事業であるのを見てもわかるとおり、「復興という言葉が素晴らしい集金機能を発揮した」という指摘には暗澹とさせられます。

「被災地は今後どうなるだろう?
 不況下にもかかわらず集まった巨額の金を頼りにする、国や自治体の指導者は、『復興』の魔法が長く続くことを願うに違いない。
 そのためには、被災地は被災地のままでいてくれねば困る、ということになるだろう。」
「来年度から始まる『復興税』は、被災地の人々も背負わされる。
 そもそも農家への補償すら課税されたのだから、不思議はない。
『きっと、本当に復興してもらっては困るからだろうね』と疲れた笑みを浮かべ、なんとか今日を生きる被災地の人々の姿を、いつか私はこの手で書き記すだろう。
 福島に戻るたび、そう強く思うのである。」

 当山は、「生活の立て直し」に大変なご苦労をされているとおぼしき師のために、玄関へ師の作品を数点飾り、『高橋香温ミニギャラリー』としました。
 一人でも多くの方々に師の作品を見ていただくように、購入していただき師の修行と生活の糧になるように、と願ってスタートしました。
 師は多くを語られませんが、一軒づつお訪ねする托鉢行でいただくコインの一枚、お札の一枚に救われつつ、生活と修行を始めた頃の自分に師の姿を重ね合わせてしまうのです。
 
 どうぞ、お立ち寄りいただき、作品をご覧ください。
 現在は、38センチメートル×33センチメートルのものを7点、展示してありますが、近々に大作2点も額装して展示する予定です。
 電話やメールでご購入のお申し込みがあればお送りもします。
 ご遠慮なくお問い合わせください。
 なお、当山は留守になる場合もありますので、おでかけになられる際はご一報たまわれれば幸甚です。


 
 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ