コラム

 公開日: 2013-01-03  最終更新日: 2014-06-04

お正月に唱える経典は何を説いているの?─目や耳などを清めましょう(その1)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 善男善女のご唱和をいただきながら、元旦、二日と計4回の護摩法を終えました。
 3日の午前10時と午後2時で正月の修正会を終えます。
 さて、皆さんと共にお唱えしている今年の守本尊普賢菩薩(フゲンボサツ)様のお経は、私たちの目や耳などに悪しき心が関与して穢れたはたらきを行うようになった場合の清め方を示しています。

1 見る器官としての目に穢れが生じた場合

 もし、目と視覚のはたらきに悪意が関与し、悪業(アクゴウ)によって障害が発生すると目が不浄となる。
 その場合は、ただ、まさに、大乗経典を唱え、究極的な真理を思い、真理を心に抱かねばならない。
 これを、目が犯す罪を懺悔してさまざまな悪業(アクゴウ)を発生させないようにする方法と言う。

「若(モ)し眼根(ゲンコン)の悪有りて 業障(ゴッショウ)の眼不浄ならば
 但(タ)だ当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 第一義を思念すべし
 是(コ)れを眼(ゲン)を懺悔(サンゲ)して 諸(モロ)もろの不善を尽すと名づく」

 目が悪しきものを見た場合、「悪」として学び捨て去ればよいのですが、その刺激の強さによって是非善悪の判断力を弱められ、同じような光景に鋭く反応する習慣がついてしまう場合があります。
 また、怒りや憎しみを心に抱いて相手を見た場合、相手を見るたびに怒りや憎しみが湧く用にもなります。
 これが「不浄」な状態です。
 それを正すには、真理を説く経典を至心に読誦し、学び、刺激による快・不快、あるいは怒りや憎しみなどに惑わされない心になることが肝要です。
 また、自分の目のはたらきをチェックすると、いかなる習慣がついているか気づくはずです。
 そこで「ああ、これではいけない」と心を清め修正しておけば、見るものに引きずられ、惑わされ、悪業を犯すという流れを脱することができます。
 以下、同様に学びましょう。

2 聞く器官としての耳に穢れが生じた場合

 耳と聴覚のはたらきが乱の起こる声や音を聞いて和合の心を壊す時は、狂った心が起こり、愚かなサルのようになる。
 その場合は、まさに、大乗経典を唱え、いっさいが空(クウ)であると知り、執着を離れた境地になって道理を悟らねばならない。
 永久に悪を離れ、天にも通じる耳となって八方天地の音を聞けるようになるであろう。

「耳根(ニコン)は乱声(ランセイ)を聞きて 和合の義を壊乱(カイラン)す
 是(コ)れに由(ヨ)りて狂心(キョウシン)を起こすこと 猶(ナ)お痴(チ)なる猿猴(エンコウ…サル)の如(ゴト)し
 但(タ)だ当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 法の空無相(クウムソウ)を観ずべし
 永く一切の悪を尽くして 天耳(テンニ)もて十方(ジッポウ)を聞かん」

3 嗅ぐ器官としての鼻に穢れが生じた場合

 鼻と嗅覚のはたらきがさまざまな香りに執着し、俗世間に従い感受対象にとらわれる。
 このように狂い惑った鼻は、俗世間に従い、さまざまな煩悩を生じる。
 もし、大乗経典を唱え、教えが真理真実そのままであることを悟るならば、
 永久にさまざまな悪業から離れ、後の世にも悪しき行為を行わなくなるであろう。

「鼻根(ビコン)は諸香(ショコウ)に著(ジャク)して 染(ゼン)に随いて諸(モロ)もろの触(ショク)を起こす
 此(カ)くの如(ゴト)き狂惑(キョウワク)の鼻(ビ) 染(ゼン)に随いて諸塵(ショジン)を生ず
 若(モ)し大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)し 法の如実際(ニョジツザイ)を観(カン)ぜば
 永く諸(モロ)もろの悪業(アクゴウ)を離れて 後世(ゴセ)に復(マ)た生(ショウ)ぜじ」

 以下、(その2)へ続きます。
 年の初めに六根(ロッコン)を清めるイメージを持ちましょう。








 
 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ