コラム

 公開日: 2013-01-06  最終更新日: 2014-06-04

あとから戒名をつけられるか?

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







〈隠形流(オンギョウリュウ)居合の初稽古です〉

 最近、こうした人生相談が増えています。
「急になくなってしまい、何もわからないまま、バタバタと家族葬をやってしまいました。
 戒名など、なくてもいいと聞いたので、まだ戒名はありません。
 でも、位牌を作る段になって、やはり、戒名がついていないと仏様に申しわけないと思うようになりました。
 これから、戒名をつけていただけますか?」
「金銭的な問題で戒名をつけてあげられなかったのですが、納骨前にはきちんと墓石に刻んであげたいと思います。
 仏様にふさわしい戒名をつけてください」

 当山へご葬儀を申し込まれる方へは、戒名の意味や意義をお話申しあげ、どうするかは皆さんの自由意志へお任せします。
 もちろん、ご葬儀代も戒名料も、こちらから金額を指定することはありません。
 また、戒名を受けた方とそうでない方とを区別、差別もしません。
 お布施の金額や戒名の問題で修法が違うわけでもありません。
 だから、どこの会館さんであれ、当山の修法でご葬儀をされる方々は、必ず戒名について自らきちんと判断しておらえるので、冒頭のような形にはなり得ません。

 さて、例のとおり、ご葬儀を終えてから相談にこられる方々の事情はさまざまですが、当山ではご質問にできるだけわかりやすくお答えし、最終判断はあくまでも御尊家様へお任せしています。
 み仏へ祈って降りた戒名を受け、戒名の内容をお聞きになられると、皆さん、あらためて死を厳粛に受けとめ、異口同音に「安心」を口にされます。
 この世とあの世の区切が明確になることは、み仏にとっての安心であり、送った方の安心でもあります。
 なぜなら、すべてが空(クウ)であるという真実を納得することに勝る心のおさまりはないからです。
 執着心によって空(クウ)に気づかぬまま何年も鬱々(ウツウツ)と過ごし、人生相談をきっかけとして思い切って戒名を受け、納骨し、ようやく霧が晴れた方もおられます。
 故人が住む世界を異次元へと移されたことをご遺族が明確に意識するためにも、戒名は大きな意義を持っています。

 当山では、いかなる事情がおありになられる方であれ、等しくみ仏へ祈り、等しく「~院~~居士」「~院~~大姉」の戒名をお渡ししています。
 最初の熟語は院名(インミョウ)といい、魂の色合いが表れます。
 真ん中の熟語は道号(ドウゴウ)といい、この世で歩んだ道が表れます。
 最後の熟語は法名(ホウミョウ)といい、み仏の子としてあの世の旅を行くための徳が表れます。
 生前戒名を受ければ、法名は、生き直しをするための導きとなり、戒名を受けた時から、自分を法名で名乗り、俳句や画の雅号に用いても構いません。
 なお、出家得度した場合は法名のみとなり、法名はすなわち僧名でもあります。
 ちなみに、故石原裕次郎の戒名は以下のとおりです。
「陽光院天真寛裕大居士」
 いかにも裕次郎らしいではありませんか。

 以上、あとから戒名をつけることは何ら問題ありません。
 戒名と共に、み仏から大きな安心をお受けになられますよう。合掌



 
 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ