コラム

 公開日: 2013-02-28  最終更新日: 2014-06-04

子や孫のためにふり返っておきたい先人の導き(その49) ─物を失ってその価値を知る─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





吉田浜

〈藁科昇氏(塩釜市)が撮った被災地吉田浜の現状〉

 この欄では、『実語教・童子教』と共に、昭和6年に発行された小冊子も基にして子供たちの導き方を考えています。
 冊子の最後に「僕の好きな金言(キンゲン)」という欄があり、当時少年だった方は6つを書き込んでおられました。

「珍客も長座に過ぐれば厭わる」
「酒と朝寝は貧乏の近道」
「物を失ってその価値を知る」

 これらは小さな子供が自分で選んだとは思えません。
 大人から言い聞かせられ、自分も大人になったなら気をつけようと考えて書きとめたのではないでしょうか。
 いずれも反論のしようがない処世訓であり、年配者にしてみれば、今さら耳を傾けるまでもなくわかりきったことです。
 しかし、書きとめた子供にとっては金の重みがあったのでしょう。

 それにしても、「失って初めてその価値を知る」代表として、よく、健康が挙げられますが、最近の中国の大気汚染には不安や恐怖を覚えるよりも、人間がやることの限界を感じてしまいます。
 日本でも影響は免れないからといって、けしからんと怒っても仕方がありません。
 東京都の前都知事石原慎太郎氏が環状線を走るトラックから出る排気ガスを透明な容器へ入れて公開し、強力な規制を求めたのはついこの間のできごとです。
 欧米がたどった環境汚染の道を日本がたどり、今度は中国がたどっているとは、人間は何と歴史に学ばぬ〈懲りない面々〉でしょう。
 いずれにしても、中国の人口は13億人を超えており、その活動が大気を汚染する度合いも桁外れです。
 あと10年もすればインドが14億人を超えて世界一になるそうですが、環境汚染や食糧の奪い合いはいったい、どう展開することでしょうか。

 おおぜいが健康を失い、いのちを失う地点まで行かないと歯止めが効かないのは、私たちが他人様に起こるできごとをなかなか「我がこと」と思えないからです。
 最初は「自分は大丈夫」と思って傍観し、やがて「自分も危ない」という状況になってからようやく具体的な行動を起こす〈ズレ〉がなかなか抜けきれません。
 誰かに起こった苦を「我がこと」と感じ、その背景に社会的共業(グウゴウ)を観てとったならばいち早く手を打つことは理想でしかないのでしょうか。

 私たちは、人を失って初めて人の価値を知るのではなく、モノを失って初めてモノの価値を知るのではなく、価値をきちんと観られる心の目を養っておきたいものです。
 それには、我(ガ)という強い妄想(モウゾウ)に仮定された自分をいつも〈こちら側〉に置かず、対象に面すれば自分は消えてしまうような心のはたらきが必要です。
 空(クウ)と観て執着せずに愛おしみ、共に涙する慈悲心を持ちながらも流されない人になれたなら理想です。
 故市川団十郎氏がパソコンへ遺した辞世の句です。
「色は空 空は色との 時なき世へ」
 役者の魂を燃焼させ、観客の魂をわしづかみにする喜怒哀楽に満ちた芸術の世界で、氏は色即是空(シキソクゼクウ)空即是色(ックソクゼシキ)をいかに感得しておられたのでしょうか……。




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ