コラム

 公開日: 2013-03-06  最終更新日: 2014-06-04

仏神によって必ずもたらされるご利益のお話

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







 ご利益がある、ない、と言いますが、仏神がくださる「ご利益」とは何でしょうか?
 もしも、宝くじが当たるような僥倖(ギョウコウ…思いもよらない幸運なできごと)をイメージするとしたら、少々、問題です。
 なぜなら、宝くじが当たったからといって、皆が本当に幸せになれるわけではないからです。
 たとえば、まじめにはたらく気がなくなる、ギャンブルに凝る、高慢になる、人を疑うようになるなど、人生が暗転する人はたくさんいるそうです。

 まず、ご利益を願う心を考えて見ましょう。
 たとえば受験勉強を一生懸命やり、お仏壇でご本尊様やご先祖様へご加護を祈ったとしましょう。
 合格すれば、「ああ、ご利益があった」と思います。
「おかげさま」という、すばらしい心になります。
 では、落ちたならばどうでしょう。
 生前あれほど可愛がってくれていたのに、どうして助けてくれなかったのかと、お祖母ちゃんの位牌に文句を言いますか?
「おばあちゃん、せっかく応援してくれたのに、力不足でごめんね。
 また、頑張るから、見ていてね」
 これがまっとうな孫の姿勢であり、こうした気持になれることこそ、まぎれもなく、ご利益です。
 つまり、正しく祈れば、目先の結果がどう出ようと、必ずご利益は降りるのです。
 では、どう祈ればよいのか?

「──どうか、合格できますように」
 この時、心はどうなっているか?
 異次元にあるものの前で、謙虚になっています。
 合格がもたらすであろうよき未来の中に、亡きお祖母ちゃんに喜んでもらいたい、あるいは親を安心させたいという孝行な気持もあります。
 さらには、たとえば介護士になってお年寄りや身体の不自由な人のために役立とうという〈他のため〉の志もあります。
 こうした心で祈れば、合格すれば「おかげさま」と祈った相手に感謝し、不合格になれば自分を省みてさらに謙虚になり、志は鍛えられてさらに強くなります。

 つまり、大いなるものを深く尊崇する心は、祈願という祈りを介して、高慢心を抑え、よき結果は相手のおかげ意にそぐわない結果は自分の力不足のためという謙虚で、我を張らない人徳を育てるのです。
 また、自分の志がいかなる程度なのかを試される場合もあります。
 九州地方に住むAさんは、家庭の事情などで中卒でしたが、ある時、一念発起し、はたらきながら大検に合格し、さらに家庭を守りつつ通信教育で大学をも卒業し、ついには企業の幹部にまでなりました。
 その間、仏神への祈りを欠かさず、ここぞという時は祈願をかけながら二山も三山も乗り越えました。
 苦労したAさんは、困っている誰かのためにと思えば、有給休暇を用い疲れた身体にむち打っても手助けします。
 もはや、誰も、かつては暴れ者だったAさんへ後ろ指を指しはしません。
 Aさんを見ていると、仏神の存在がいかに大きいかを恐ろしいほど強く実感させられます。

 さて、本当のご利益は何か?
 それは、上記で明らかなとおり〈心のよき変容〉なのです。
 謙虚で真剣な気持で祈れば、いつしか人徳が深く高くなり、志はより堅固になり、人生は必ず明るい方向へと向かいます。
 目先の結果に一喜一憂せず、地に足の着いたまっとうな人生を歩めます。

 蛇足ですが、もしも宝くじを買うなら、「──どうか、当たりますように」の前提を確かめましょう。
 当たったら自分は何をしようとしているのか?
 恥ずかしくない目的があるならば、神棚に上げたり、仏壇へ置いたりして祈りましょう。
 あるいは、どこかのご本尊様の前に置いてもらいましょう。
 そうすれば、当たっても当たらなくても、あなたの心にはよき変容がおこるはずですから……。





 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ