コラム

 公開日: 2013-03-17  最終更新日: 2014-06-04

【現代の偉人伝】第169話 ─嗣がれる志 南相馬中央医院院長となる中林智之医師─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈産経新聞さんからお借りして加工しました〉




〈第二例祭の護摩法です〉

 平成25年1月22日、「現代の偉人伝154話」に書いた福島県南相馬市の南相馬中央医院院長高橋亨先生がご逝去されました。
 末期ガンを患いながらも最後まで現場から離れなかった院長の奮闘ぶりは、生き仏そのものでした。
 その後、後継者がおられるとの報道に接し、どういう方なのかと発表を鶴首(カクシュ…首を長くして待つこと)していました。
 3月15日の産経新聞は、ついに、その人を紹介しました。
 富山県高岡市の済生会高岡病院で副院長兼内科部長を務める中林智之医師(59才)です。

 先生は、2月10日に高橋院長の告別式に参加し、後継者は「本当に自分で大丈夫なのか」と思ったそうです。
 医師生活33年のベテランながら、こうした謙虚さを持っておられます。
 僻地医療で「最後の場所」をと望んでいた先生は、平成24年8月、新聞で故高橋院長のことを知り、「俺に『来い』といっているのかな」と運命を感じました。
 10月には故高橋院長と会いました。

「話は子供や妊婦を気にかけることばかり。
 子供が住める街づくりにまで話が及び、医師としての熱い思いに圧倒された。
 自らも熱意を伝えた。
『一緒に仕事をしよう』と言われたときは『医者人生の最後に懸ける覚悟が通じた』と喜んだ。
 だが、夢がかなうことはなかった。」

 二回目に会った時はすでに会話が通じない状態で、4日後には永遠の別れとなりました。

「早すぎる。
 机を並べて多くを学びたかった」

 還暦にして、学ぼうという姿勢が失われていません。
 この一文には奮い立たせられました。

「高橋先生と同じようにはできないが、その遺志を継ぎ、頭と体が続く限り南相馬で医者としての仕事を全うしたい」

 先生は必ずや、まっとうされることでしょう。

 私はかつて、「東日本大震災 ─東北関東大震災・被災の記(第123回)─区域指定地にとどまった高橋享平院長先生」に書きました。

「私は、平成24年8月30日にブログ『現代の偉人伝 第154話』を書いてから、ときおり、先生を思い出していました。
『地域の患者のために病院を続けたい。
 人間味のある医師に来てもらいたい』
 この願いは私の願いでもあるからです。
『当山を必要とする方々のために法楽寺らしい寺院を続けたい。
 一行者として、み仏とご縁の方々のために尽くす心と能力のある僧侶に来てもらいたい』」

 当山では、お大師様が兜率天(トソツテン…弥勒菩薩様の世界)へと旅立たれた3月16日、善男善女のご唱和に支えられ、後継者候補A師が一人で読経を務めました。
 私は護摩法の終了後、参詣された善男善女の方々へ短い法話を行いました。
「古い樹木へ新しい接ぎ木が行われ、根は生きたまま、樹木は古くて新しいいのちを育み続けます」

 病院も寺院も、志が皆さんから真に必要とされるなら必ずや後継者が現れ、嗣がれ、ご縁の方々に支えられて発展するものと信じています。
 南相馬中央医院院のご発展を心からお祈り申しあげます。合掌
 





 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ