コラム

 公開日: 2013-04-07  最終更新日: 2014-06-04

五つの願いから「カモ取りごんべえ」へ

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈畠山重人先生からいただいた行者ニンニクが『法楽農園』に植えられました〉



〈元気に育って……〉

 隠形流(オンギョウリュウ)居合の稽古で、「五大願(ゴダイガン)」のお話をしました。
 瞑想を行うには、自分の心を清らかにし、善き願いを持つことが欠かせません。
 自分中心の心のままで行えば、いかなる集中力も、いかなる分析力も、み仏の世界は開示されないからです。

「衆生(シュジョウ)は無辺なり 誓ってすくわんことを願う  
 福智は無辺なり 誓ってあつめんことを願う
 法門は無辺なり 誓ってまなばんことを願う 
 如来は無辺なり 誓ってつかえんことを願う
 菩提(ボダイ)は無上なり 誓ってさとらんことを願う」
 
(苦しむ生きとし生けるものは無限にいる、すべてが迷いを脱し救われるよことを願う
 福徳と智慧は無限にある、集め、身につけて利他の力を持てることを願う
 教えは無限にある、会得し、教えを生きることを願う
 み仏方は無限におられる、いつ、どこでも、どなたをも恭敬し、帰依することを願う
 菩提心(ボダイシン)はこの上なく大切である、菩提心に生きて悟ることを願う)

 お大師様は、この上なく大切な菩提心を4つの面からわかりやすく説かれました。

1 大菩提心(ダイボダイシン)…「自分と他人とみ仏とは、根本において一つである」という真理を信ずる心
2 大悲心(ダイヒシン)…「いつも自分を先にする」「自分のことがいつも一番」という姿勢を捨てる心
3 勝義心(ショウギシン)…「より気高きところ」を求めてやまない向上意欲を保ち続ける心
4 信心(シンジン)…正しい方法で「心の深みへ降りる」心

 2番目の大悲心について、「分かち合わず、自分だけが総取りし、得られない人を見捨てる邪慳な心ではならない」というお話をしたところ、Aさんから「先生、それはカモ取りごんべえさんに似ていますね」と言われました。
 私は「カモ取りごんべえさん」を知らず、Aさんに教えていただきました。
 あらためて調べてみると、熊本地方の昔話で、絵本だけでなく市原悦子さんが朗読したCDも出ているようです。

 さて、中身は確かに、カモたちを一網打尽にしようとした権兵衛さんの行く先、行く先で問題が起こり、最後は、決して意図したわけではないのに、助けられたお寺まで燃やしてしまったというお話です。
 この民話が、どこまでかみ砕いて子供たちへ教えられていのかはわかりません。
 ただ、視点として欠かせないのはやはり、権兵衛さんがどこにいても、自分のことしか考えていないという部分です。
 自分で生きて行くことはもちろん、社会人として当然です。
 しかし、そうしているだけでは、どこまで行っても、自己中心的なままです。
 周囲に生じるさまざまな縁も、自分のために使おうとするだけでは、結局、真に自分のためにはなりません。
 自分だけでいきられる人など一人もいないからです。
 縁となり、自分を支えてくださる人々のためになってこそ、支えられる縁が強固で温かで広がりのあるものとなり、結果として自分のためになります。

 そもそも、「総取り」という発想そのものが、虚しく邪(ヨコシマ)で穢らわしい気配を持っています。
 その汚らわしさの反対が、「蓮華は泥中にあっても清らかなようにこの私の身も心も本来清浄である」という観法の「本来清浄」です。
 前回、『比較を超えた清浄なる観法』にこう書きました。
「自分を突き詰めて行くと、誰かの喜びが最も嬉しく、生きがいにも救いにもなっている自分がいる」
「私たちの、人間としての本性は、利他(リタ…他のためになること)の喜びにあります」
 これが蓮華にもたとえられる「清浄さ」の実体です。

 大悲心を忘れず、正しい瞑想に励み、互いの清浄さを活性化させたいものです。
 この世を極楽にするために。

 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ