コラム

 公開日: 2013-04-10  最終更新日: 2014-06-04

フラッシュモブの持つ可能性と限界について ─「忍のテーマ」から隔たった世界─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 4月9日の夜、NHKは「世界が熱狂するフラッシュモブ」を放映した。
 以下、公式ホームページの引用である。

「突然集まった群衆が、公共の場所で、一見意味の分からない行動を行い、数分後には何事もなかったかのように立ち去る『フラッシュモブ』。
 今、世界各地で毎日のように発生し、静かなムーブメントを起こしている。
 あからさまなメッセージを訴えるデモとは異なり、一見意味のないパフォーマンスで見た目の面白さを押し出し、ネットの繋がりなどで誰もが参加できるのが特徴だ。
 注目される理由は“民衆の底力”を周囲に思い出させるパワー。
 日常の中に一瞬だけ非日常の『世界』を創り出し、『我々が世界を創る』という意欲やエネルギー、さらに体制や常識を疑う新鮮な気持ちを人々にもたらすという。
 世界各国で政権への批判や芸術活動、そして日本では、衰退する地域の再生の為にフラッシュモブを活用しようとする動きが始まっている。
 フラッシュモブは社会を変える力になるか? 
 その意味を読み解く。」

 フラッシュモブが成立するにはいくつかの条件がある。

1 アイディアを持ち、ネットで発信する人がいる
2 発信された情報をネットで共有する人々がいる
3 受信した情報に共感し行動する人々がいる
4 行動できる場がある
5 行動を観る観衆がいる

 番組が挙げた例はすべて、この条件を満たしている。
 そして、フラッシュモブの特徴は以下のとおりである。

1 パッと現れては消える一過性である
2 参加者となる人々にはネットの共有以外の接点がない
3 観衆となる人々の耳目を害のない範囲で驚かせる

 また、発信者の資質は以下のとおりである。

1 ユーモアを形にしたいという意欲がある
2 ネットを利用する知識がある
3 常識と良識をもって、行動する場と観衆となる人々を選ぶ

 そして、参加者はさまざまな姿勢で行動に加わる。

○面白そうだ
○非日常性に惹かれる
○人々の注目を集めたい
○孤立している人間でも、集まれば周囲から注目される連帯とヒーローの体験が嬉しい
○観客が驚いたり楽しんだりするのが嬉しい

 はからずも観客とされてしまった人々はどうか。

○驚き、楽しむ
○自分も参加してみる
○迷惑と感じる
○「バカをやっている」と無関心

 こうして実態を考えてみると、フラッシュモブは芸術の領域にあることがわかる。
 だから、そこに何か積極的な生産的価値を見いだそうとしたり、付与したりしようとすれば、たちまち、たやすく、他のものに変質してしまうことだろう。
 政治的デモになり、商売になり、ボランティア活動になり、あるいは宗教的行動になるかも知れない。
 フラッシュモブがフラッシュモブとして健全であるためには、発信者と参加者にユーモアと良識があり、一時的に空間を共有する全員が〈非価値〉を楽しむ余裕を持っていなければならない。
 あるいは、害意なく「〈非価値〉を楽しむ余裕」をつくり出してしまうところにこそ、フラッシュモブの存在意義があるのかも知れない。
 まさに芸術の力である。

 突然、昭和44年にテレビで聴いた水原弘の「忍のテーマ」を思いした。
 アニメーション「忍風カムイ外伝」の最後に流れていた。

「しのびが通る けもの道
 風がカムイの 影を斬る
 孤(ヒト)り 孤りカムイ
 孤り 孤りカムイ
 風の中を 拔けてゆく

 しのびが通る 遠い道
 闇がカムイの 影を斬る
 孤り 孤りカムイ
 孤り 孤りカムイ
 闇の中を 拔けてゆく」

 水原弘の声が持つ荒みと孤独感と無謀さと突き抜ける凄みは、数々のヒットソングよりもむしろ、この短い一曲に凝縮されていた。

 実に、人の求めるものは時代によって変わる。
 フラッシュモブには今後も注目したい。



 今日の守本尊勢至菩薩様です。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ