コラム

 公開日: 2013-04-12  最終更新日: 2014-06-04

寺子屋『法楽館』「自然と人間」のご案内

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 4月の寺子屋『法楽館』では、「どうする?私たちの未来」の第六弾として、PM2・5などについて学びます。

 自然の一部である人間は自然の恩恵を受ける一方で自然と闘いつつ文明を創ってきました。
 しかし、今は、人間の生み出した〈反自然なるもの〉から脅かされる事態にたち至っています。
 人間をとりまく自然環境の研究に勤しみ、よりよき社会をめざしておられる斎藤恭紀先生より人間と環境の問題などについてご講話をいただきます。

 昭和56年、広島大学教授久野昭氏は「衣食住のジャパノロジー」へ書きました。

「日本人は、主として、ごくせまく小さな沖積平野に住んでいた。
 山地が多いかわりに、こみ入った海岸線に沿って、そのような平野が各地にあり、そこが居住の場になった。
 そして、そのような場では、水の流れが多い。
 その流れはほとんど幅のせまい川であって、流れの動きようは急である。
 古代文明を開きつつ流れた大陸の悠然たる大河とは、全くちがった様相である。
 この早く流れるせまい川を利用することで、村が成立し、村のまとまりがあった。
 それだけに、淀んで動かぬ水に対しては、むしろ、不気味を感じてきたであろう。
 日本では、鬼神は好んで淵や池に出現する。
 古代の日本での池の造成、たとえば大和の磐余(イワレ)の池のそれにしても、鎮魂呪術と結びついていた。
 水は流れて留まらぬのが自然であり、人はその流れに沿って住むのが自然であった。
 ならば、人もまた流れてよいであろう。
 それは、たしかに住むこととは別の様態だが、日本人の住居では気も流れていたのである。
 その気は、蔽い留められたのではなく、包まれたにすぎない。
 気の流れを包むことで受けとめつつ、みずからの気も動く。
 その気は、空気の気でもあれば、天気の気でもあり、さらに気分の気でもある。
 ときには病気の気でもありえたろうし、元気の気でもありえたろう。
 そのような、生活に即しつつ、内と外とにまたがって動く気の流れの中で、日本的な気風がつちかわれたでもあろう。」

 氏は、「旅」に関してこう書かれましたが、私には、人と自然が関わり合って心が形成されてきた過程を示す忘れがたい一文になっています。
 斎藤先生のお話を聴きながら、いろいろと思いを馳せてみたいものです。

・講師 斎藤恭紀氏(気象予報士)
・日時 4月13日(土)午後1時30分より3時30分まで
・会場 大師山法楽寺講堂
・ご志納金 1000円 中学生以下500円
・送迎 『イズミティ21』前からの送迎車へ乗られる方は前日17時までにお申し込みください。

 今日の守本尊大日如来様の真言です。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ