コラム

 公開日: 2013-04-15  最終更新日: 2014-06-04

公開Q&A(その5)復活を信じればキリスト教徒、如来を信じれば仏教徒なのですか?

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 公開セミナーでの質疑応答です。
 プライバシーを守りながら、補足し、要点を書きとめておきます。

質問4 ある本で、キリストが死んで3日後に生き返ったと信じればキリスト教徒、釈尊が如来になったと信じれば仏教徒であると書いてありましたが、そうなのでしょうか?

回答4 他の宗教については責任ある回答ができませんが、一行者として、お釈迦様と如来様についてはこう考えています。
 
 お釈迦様が究極的な悟りを開いて仏陀(ブッダ…悟りを開いた人)となられたことは、きっとそうであったろうと信じています。
 では、悟る前と後ではどう変わられたか?

 昭和36年、三隅研次監督、主演本郷功次郎の大映作品『釈迦』は156分という超大作でした。
 寺子屋「法楽館」で皆さんと一緒に観賞して最も印象に残ったのは、悟るまでは本郷功次郎の熱演でしたが、悟った後のお釈迦様は〈影〉として描かれていたことでした。
 お大師様のご生涯を綴った『高野大師行状図絵』には、「恵果(ケイカ)影現(ヨウゲン)」という項目があります。
 師の恵果和尚が亡くなられた夜、道場で祈るお大師様の前に、恵果和尚が影のように現れて告げました。

「おまえはまだわしとおまえの間の前世よりのちぎりの深さを知らないか。
 何度も生まれ変わりを重ねる間に、密教の教えを弘めることを互いに誓いあい願いあった。
 ここかしこで代わる代わる師となりあったことは、一度、二度だけではない。
 それゆえ、おまえに遠く渡来することを勧め、わしの深い仏法を授けたのである。
 受法はすでに終わり、わしの願いも満たされた。
 おまえは西方でわしに師弟の礼をとった。
 わしは東に生まれておまえの弟子となろう。
 長い間この地でぐずぐすするでないぞ。
 わしは先に行っている。」(筑摩書房「弘法大師全集」より)

 悟られた世界とはこういうものであろうと信じています。
 つまり、悟られた方は、生きながらにして影のような気配をまとう存在となり、この世を離れれば、影のようにどこへでも現れて真実を告げ、導かれるのではないでしょうか。

 さて、この世でみ仏となられ、あの世に往かれても現世にいる私たちのそばへ来てくださる存在を探求した過去の聖者方は、菩薩(ボサツ)というありようを感得されました。
 そして、如来となってみ仏の浄土から救いの手を伸ばしてくださるありようの他に、浄土へ行ってしまわず、それとは見えないものの、私たちのそばで具体的にお救いくださるみ仏がおられる真実をつかまれたのです。
 身代わりとなって苦を受けてくださるお地蔵様のお経に、こうした印象的な場面があります。
「生まれ変わり死に変わりする間に親子となり兄弟ともなるすべてのいのちあるものを悟らせ、み仏の世界へ導いた後に、私も又、み仏の世界へ入ろう。
 もし、たった一人でも悟らず残っているならば、私も又、み仏の世界へ入ってはしまわない。
 もし、この願いを知り、今も未来も皆が悟ってしまわぬ限り、私も又、最高の悟りを得てみ仏の世界へ入ってしまうことはない」
「私は、地獄界や餓鬼界などで苦しむ生きとし生けるものから苦を抜き、救おう。
 もし、どうにも耐えきれないほど重い苦を受けている者があれば、私が身代わりと成ってその苦を受けよう。
 この願いがすべて達成されないうちは、最高の悟りを得てみ仏の世界へ入ってしまうことはない」
 以下、原文です。

「生生(ショウショウ)の父母(ブモ)世世(セセ)の兄弟(ケイテイ)悉(コトゴト)く仏道を成(ジョウ)ぜしめ後(ノチ)に我成仏せん。
 若(モシ)一人をも残さば我成仏せず。
 若(モシ)此(コノ)願(ガン)を知て二世(ニセ)の求(モトム)る所悉(コトゴト)く成(ジョウ)ぜずんば正覚(ショウガク)を取らず。」
「我當(マサ)に六道(ロウドウ)の衆生(シュジョウ)を抜濟(バッサイ)すべし。
 若(モシ)重苦(ジュウク)あらば我代(カワ)つて苦を受(ウケ)ん。
 若(モシ)しからずんば正覚(ショウガク)を取(トラ)ず。」

 つまり、ご質問への端的な回答の一つとしては、こうなりましょうか。
 仏教徒は、浄土からお見守りくださる如来様を信じ、私たちのそばでお救いくださる菩薩様を信じ、私たちの〈生の意味〉は菩薩になる修行をするところにあると考える存在です。
 誰かが喜べば自分も嬉しく、誰かの何かのためになろうとする心を育て、心に巣くう悪心を克服しつつ生きる過程、つまり菩薩行(ボサツギョウ)に〈人生の意義〉を見す仏教徒でありたいと願っています。
 そして、こうした生き方は、どんな仏神を信じる方々にとっても、また、信じない方々にとっても、悔いのない有意義な生き方であると言えるのではないかと考えています。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ