コラム

 公開日: 2013-05-02  最終更新日: 2014-06-04

他の寺院でご葬儀を行えば先祖代々のお墓へ納骨できないか(その3)

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







【できごと2 Aさんは菩提寺にあるお墓への納骨を拒否されました】

 Aさんは、菩提寺の住職を信じられないながらも、ご先祖様方と一緒に眠るのが亡き親にとって最も安心な形であろうと考え、菩提寺への納骨を希望しました。
 ところが、「他の寺院でご葬儀を行ったお骨を入れてはならない」と拒否されました。

 祭祀を伴う納骨は普遍的な宗教行為です。
 ご先祖様方のお骨と亡き親のお骨を一緒にさせてやりたいと考えるのは道徳的に否定されようのない倫理的行為です。
 そして、A家では、これまで年間管理料を払わないなどの問題はなく、各種のお布施依頼にも応えてきています。
 ならば、納骨は希望通りに行われるべきではないでしょうか。
 他の宗教宗派の信徒さんが新たに墓地を借りたいと申し出たのならば、その受け入れをどうするかは管理者である寺院の裁量範囲ですが、長年に亘ってご縁のある檀家さんの納骨がこうした形で拒否されるならば、今後、寺院墓地を借りる人は激減することでしょう。

 これだけ個々人の自由が尊重され、なんぴとも一個人の内心へ踏み込むべきでないという倫理的に正義とされる方向がはっきりしてきた社会において、ご先祖様や親などと同じ宗教を信じねばならないという考え方は成り立ち得ないし、いかなる権力者といえどもそのように強制し得ません。
 しかし、今回、寺院側は納骨を拒否し、実質的に「お墓を撤去しますか、それとも、しかるべき形で詫びを入れ、今後もウチにすべてを任せますか」と迫っており、大きな出費と精神的苦痛を伴う強制が行われました。
 同じく伝統仏教に生きる者として残念というしかありません。
 価値観が無限とも思えるほど多様化し、家族意識すら怪しくなってきている現代において、もはや、心を縛る方法はないことを深く認識した上で、個々人の思いを尊重しつつ大切なものをいかに守り伝えて行くか、宗教者に重い課題が突きつけられていることを厳しく受けとめ、適切な法務を履行して行かねば、お墓どころか寺院そのもの、そして伝統仏教の未来はないと考えています。

 ここまでの議論については、「あまりに檀家さんの側にばかり立っている」、「『すべてを菩提寺に任せること』などという永代使用契約に反している点が問題として取り上げられていない」などの反論はありましょう。
 過去にさまざまな裁判の判決があったことも多少は承知しています。
 それでもなお、こうして考えてきたのには理由があります。

・寺院は、み仏と生きとし生けるもののためにあり、行者である僧侶はそれに仕える存在であること
 仏教寺院は、「苦を抜き楽を与えてくださる」み仏におすがりする場であり、僧侶は自分の苦と同時にご縁の方々の苦を抜き、自分が楽を得ると同時にご縁の方々へ楽をもたらすことを目ざして修行し続けます。
 しかも、教えにはこうあります。
「教えを主とし、自分の勝手な考え方は従者とせよ」
 凡夫の思考法や行動では苦から脱することができないからこそ、み仏におすがりして学び、実践しようと決心したのが僧侶であり、信徒です。
 ならば、他のためになるという智慧と慈悲の菩薩(ボサツ)行を実践しようとする行者としては、可能な限り、〈相手のため〉を主とし、〈自分のため〉を従とせねばなりません。
 今回、Aさんは、ずっと世話になってきている寺院にご葬儀を依頼せず、お墓を撤去しないで納骨を希望するという苦渋の選択を二度行っています。
 社会人として良識も常識も人生経験も不足なく、思慮深いAさんが、どれほどの葛藤の後にそうした決断と行動をとられたか、考えるだに胸がつまり頭が下がります。
 寺院側は、こうしたAさんのお心をこそ尊重し、ご葬儀の機会を一回失ったという自分の損得やプライドは引っ込めておきたいものです。
 僧侶は不動明王になり、頭上の蓮華へご縁の相手を載せ、下からヨイショと持ち上げねばならないのです。

・宗教行為に関しては、できるだけ宗教的観点を第一に判断すべきであり、特に宗教者にあっては、そうでなければならないこと
 一つのできごとは、必ず多様な面を持っています。
 今回の問題も、いかなる面から光を当てて解決策を考えるかによって判断は大きく異なります。
 もちろん、法治国家における社会的行為は必ず、法的に誤っていてはなりません。
 しかし、当事者同士の許容範囲であるならば、法的に白黒をつけるよりも、互いに納得できる方向を見いだす方が現実的であり、招来の円滑な人間関係も期待できる場合があります。
 日本人は特にこうした面において譲り合い、許し合う大人の文化を持っていると考えています。
 だから、今回のできごとは宗教行為であり、一宗教者として、まず宗教の観点から考えるべきであると判断し、ここまできました。

 次回は、具体的な解決法を考えます。
 
 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ