コラム

 公開日: 2013-05-29  最終更新日: 2014-06-04

第三十九回寺子屋『法楽館』 ─生活困窮者の方々へ尊厳ある暮らしを─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







〈高橋香温先生の新作〉

今回の寺子屋『法楽館』は、特定非営利活動法人ワンファミリー仙台理事長立岡学氏に講演していただきます。
「ワンファミリー仙台」は、地域で暮らす生活困窮者の方々に「人間本来の尊厳を持ってもらい」、「ひとりひとりが生きていて良かったと思える社会」をつくることをめざしています。
 この世で助け合う仲間を共にあの世へ送るため、当山に共同墓を設けられました。
 神職資格を有する理事長から、現実と希望についてお話しいただきます。

 日本における神道と仏教の根底には、自然の中に超越的な存在を感じるアニミズムが息づいており、人間を含めたあらゆる存在に神の性、仏の性を認める立場は、人間第一主義の傲慢さへ陥らせません。
 お互いが精神的土台を共有しているという感覚は、利己主義による倫理の崩壊と人間のアトム化(関係性がなくバラバラになること)に対する強力な防波堤です。
 だから、神道にも仏教にも相手を尊重こそすれ、争う理由はまったくありません。

 神職者である理事長と出会った時、興福寺の阿修羅像が持つ哀しみを秘めた方であると直感しました。
 この像は、光明皇后が母親の一周忌に際して供養のために造ったものであり、人間が持つ本質的な哀しみを知り、哀しみを抱えた人間を見捨てられない神の心が感じられます。
 その気になれば悠々と過ごせるほどのあふれる素養を持っていながら、あえて出所者など困窮している方々へ手を差し伸べる仕事へ身を投じられた理事長の胸の内が、阿修羅像と二重写しになって察せられた記憶は今なお、鮮明です。



〈興福寺の阿修羅像〉

 なお、法人の「成り立ち」をホームページより転載させていただきます。

「ワンファミリーは、2000年、、新宿中央公園に起居するでホームレスと西新宿地区のゴミ拾いの活動をしていた津田政明氏(現在、理事)が設立しました。
 その津田氏の活動に共感した立岡(理事長)と徃見氏(副理事長)が、2002年2月、仙台においてホームレス支援をはじめました。
 そして、『ワンファミリー仙台』と名付け、任意団体としてスタートさせました。
 ワンファミリーの名前の由来は、津田氏がロサンゼルスに住んでいたとき、日本人の老夫婦オーナーが『世界は一つの家族(ワンファミリー)』という理念のもと、世界各国の多人種の方々に格安で部屋を貸していた寮の名前です。
 そのオーナーや寮の現在は不明ですが、今、この仙台において、そのオーナーの理念を引継ぎ活動していることは、不思議な縁を感じています。」

 日本の現実を共に学び、考え、行動しましょう。  

・講  師 特定非営利活動法人ワンファミリー仙台理事長立岡学氏
・日  時 6月8日(土)午後1時半~3時半(毎月第二土曜日に開催します)
・場  所 法楽寺講堂
・参加費  1000円
・送  迎 午後1時に、『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。乗車希望の方は前日午後五時までに必ずご連絡下さい。

 今日の守本尊大日如来薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ