コラム

 公開日: 2013-05-30  最終更新日: 2014-06-04

おなかいっぱい食べさせられなくて、ごめんね

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






〈『法楽農園』に咲きました〉

 5月29日、朝日新聞は「おなかいっぱい食べさせられなくて、ごめんね」と題する記事を掲載しました。

「大阪市北区天満2丁目のマンションの一室で24日、この部屋に住む母子の遺体が見つかった事件で、室内に『最後におなかいっぱい食べさせられなくて、ごめんね』という内容のメモが残っていたことが、捜査関係者への取材でわかった。
 預金口座の残金は十数円だけで、府警は生活に困窮していたとみている。
 親子は職業不詳の井上充代さん(28)と瑠海(るい)君(3)。
 捜査関係者によると、メモはガス料金の請求書の封筒に手書きされ、充代さんが書いたとみられる。
 2人は昨年10月ごろ、知人の紹介でマンションに入居した。
 室内に冷蔵庫はなかった。食べ物もなく、食塩があっただけだった。部屋の電気とガスは止められていたという。
 2人は2月ごろ死亡したとみられ、府警は瑠海君が先に亡くなった後、充代さんも間もなく死亡したとみている。
 部屋はワンルームで、玄関や窓は施錠され、荒らされた跡はなかった。
 今月中旬、住人から管理会社に『異臭がする』と連絡があり、24日、男性社員が部屋を訪れたという。」

 眼を閉じて光景を想像すると全身から力が抜け、へたり込みそうになりました。
 あまりの哀れさに混乱した後、忿怒とも恐怖ともつかない思いが起こりました。
〝電気とガスが止められた母子家庭を案ずる人が公的にも、私的にも、誰一人いなかった社会は、断じてまっとうな社会ではない。
 私たちは、なんという国をつくってしまったのか。
 一億国民が皆、懺悔しても、この母子に懺悔し尽くせようか……。〟

 2日前には、東京・六本木のクラブ『バニティー・レストラン・トウキョウ』が風営法違反で摘発されました。
 報道によれば、魔窟と呼ぶべき実態だったと思われます。
 営業の形式が法的にどうであるかという以前の問題として、店の内外で暴力事件が多発しており、六本木を管轄する麻布所へは、ほぼ毎日一件の割合で同店の営業時間内に同店周辺からの通報がありました。
 また、酔客が朝になっても付近をうろつき廻り、たむろし、子供たちの通学や通勤に警戒を緩められないというから驚くしかありません。
 そして、付近の道路などにビンやカンなどが散らばる様子も又、日本の光景とは信じがたいものです。
 摘発のあった26日未明、同店は満員で、約100人が行列をつくっていました。

 何らかの理由で、母親が3才の我が子へ食べものも与えられずに旅立たせてしまい、自分もまた白骨化してしまうしかない日本。
 自己中心的な自由と繁栄に溺れ、周囲の迷惑も省みず食欲・性欲・物欲を爆発させる人々によって違法や脱法が日常的になっている日本。
 これは異様と言うべきではないでしょうか。
 ──あまりの非情、あまりの浮かれすぎ……。
 私たちは明らかに何かを失ってしまいました。
 私たちは立ち止まり、自らをふり返ってよくよく考えねばなりません。
 手遅れにならないうちに。
(6月8日の寺子屋「生活困窮者の方々へ尊厳ある暮らしを」へぜひ、おでかけください)

 今日の守本尊大日如来薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ