コラム

 公開日: 2013-06-01  最終更新日: 2014-06-04

母子は同志というお話 ─お腹の弥勒菩薩(ミロクボサツ)様─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 経典は説きます。

 弥勒菩薩(ミロクボサツ)は、ガンジス川沿いにあるベナレスで、大臣の子として生まれました。
 身体は紫金色に輝き、三十二相というよき身体的特徴のすべてを具えていたので、父親は驚き、占い師へ「いかなる生まれなのか?」と訊ねました。
 占い師は逆に問いました。
「不思議なことに、身体だけでなく智慧も功徳も完全で、並外れています。
 生まれてから変わったことはありませんでしたか?」
 大臣は答えます。
「はなはだ、訝っていたことがあります。
 それは、この子の母親は、そもそも、あまり性根がよくなかったのに、この子を身ごもって以来、苦しんでいる人に哀れみを覚え、庶民を慈しみ、わけへだてなく手を差し伸べるようになったのです」
 占い師はとても喜びました。
「そこにこの子の志が顕れています。
 弥勒という名にすべきです」
 できごとを知った王様は危惧しました。
「それほどの者が成長したならば、自分の座を奪われてしまうのではないか」
 そして、大臣へ命令します。
「息子さんに会いたいので連れてきなさい」
 危機を察した大臣が息子を知り合いのバラモン行者へ弟子入りさせたところ、たちまちバラモンの聖典すべてを理解してしまい、やがてお釈迦様のもとで菩薩への道を歩むようになります。

 この経典を思い出すたび、胎内に宿った小さないのちと母親となる女性のいのちとがつながっているだけでなく、心もつながっているという真実に手を合わせないではいられない厳粛な気持が起こります。
 普段、妊婦の方々は胎教を考えます。
 胎内の赤ちゃんへ心地好い音楽を聴かせたり、絵本を読み聞かせたりします。
 また、散歩や睡眠や食事などに気を配り、母体を調整して、赤ちゃんへよい影響を与えようとします。
 しかし、赤ちゃんから〈受け取る〉ものへの感性はどうなっているでしょうか?

 赤ちゃんは、肉体として宿るだけでなく、特定の心を持って宿ります。
 特定の心は、前世(ゼンセ)からの因縁と業(ゴウ)により他と交換できない特性を持っています。
 今ある特性の原因は現在でも未来でもなく過去にしかありません。
 過去とは当然、宿る前であり、つまり前世です。 
 その唯一の心性は、たとえ言葉でのやりとりはできなくても、母体の心性と響き合っています。
 弥勒菩薩を宿した母親の性根が変わり、慈悲深い人格に変化したのはこのことを意味しています。

 妊娠した女性は、自分の心の変化を見逃さないようにしましょう。
 もしも、思いやりが深くなったり穏やかな気持になったりと、よき方向へ変わりつつあるならば、「変えてくれてありがとう」と赤ちゃんに感謝し、母子共に明るい人の道へと向かいましょう。
 もしも、意地悪くなったりイライラしたりと、悪しき方向へ変わりつつあるならば、よいイメージをもって「よい性根に生まれてきてね」と赤ちゃんを導き励まし、母子共に明るい人の道へと向かいましょう。
 こうして十月十日の長旅を過ごせば、誕生の時点を待つまでもなく、母子はすでに一緒に人の道を歩む同志です。
 誕生後の母子関係はより、しっかりしたものになることでしょう。
 夫や周囲の人々も、身体だけでなく心の変化にもよく注意し、新しいいのちと心へ向かい合っていただきたいと願っています。
 
 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ