コラム

 公開日: 2013-06-20  最終更新日: 2014-06-04

2013年(平成25年)7月の運勢─流れの生かし方と人生修行─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈岩出山にある英国茶房『森栖』さんからの贈り物〉







 2013年7月の運勢(文月…7月7日から8月6日まで)です。
 運気の流れによる注意点を参考にし、人間修行の六波羅蜜(ロッパラミツ)行で改運し、開運し、快運となりますよう。

○権力者や財産家や有名人が強引に世の中を動かそうとし、誰しもが強気になり、あちこちで衝突が起こります。

 こうした時期こそ、「満つれば欠ける」という世のならいを想い、中天の太陽が西に傾く時をイメージし、謙虚に〈次の段階〉への備えを考えることが肝要です。
 太陽へと限りなく飛翔して翼を焼き地上へ落下したイカロスになってはなりません。
 誰しもが望む安心はバランスのとれた世の中にしかなく〈総取り〉の許される人間はいません。
 それを夢想するのは勝手ですが、人間は決して全能の神になれないことを忘れず、身を慎み、神のごとくふるまう者へ追従せぬようにしましょう。

○光のある所には必ず影があり、陽の当たる所にいる人もいれば、影に隠れた人もいます。
 全体を観る眼がなければ危険な独り善がりになりかねません。

 陽光を浴びて舞い上がるのも、影に入って落ち込むのも、有為転変(ウイテンペン…すべては変化すること)の世の中を観れば、あまり賢い姿勢とは言えません。
 もしも陽光を浴びたなら「はからずも(自分の意志や努力だけでなく、人智を超えた動きの中で)こうなった」と気づきたいものです。
 もしも影に入ったなら「もっと深い闇に包まれた人もいる」と気づきたいものです。
 こうした姿勢でいると、いつしか徳が豊かになり、怪しい者は近づかず、浮こうと沈もうと慌てなくなります。
 人を相手にしても組織を相手にしても、光と影の両方を観れば、よき関係を保たれることでしょう。

○誰かの信じる仏神や信条を軽々に貶(オトシ)めることは、自分の心をいびつにすることであり、自分の無知を深めてしまうと心得ましょう。

 人間はすべて心の成長過程の途中でこの世の修行を終える宿命を背負っており、誰一人、全知全能ではあり得ません。
 だから、お互いを心から認め合うところにしか穏やかな人間関係は構築できません。
 それぞれの文化がそれぞれなりに礼儀作法を熟成させてきた理由はそこにあります。
 なぜ挨拶があるかといえば、不意に、勝手に、相手の心へ土足で踏み込まないためです。
 挨拶の心が失われれば、私たちは常に、闇討ちに遭いかねない世の中で暮らすことになることでしょう。
 ストーカー事件といい、ネットでのいじめといい、礼儀を失した世界になり始めているように思えてなりません。

○天地の恵みに感謝し、容赦ない天変地異に備えましょう。

 古語に「隠(カク)む」という動詞があり、くむ→くま→かむ→神となりました。
 川上の森深く人跡絶えたところにおられる神は、自らの姿を隠されながら、常には恵み豊かな流れとなり、時には一切を押し流す暴流となり、私たちの運命を左右してきました。
 私たちは感謝し、畏怖し、いざという時に備えるしか術はありません。
 感謝と畏怖がなければ、穢された神々は情け容赦ない報いをもたらします。
 中国のすさまじい砂漠化や、アフリカの森林消滅などの写真を見ると身震いする思いです。
 私たちは太陽と水と空気の恵みなしに生きてはゆけません。
 それはひとえに尊ばねばならず、人間が太陽をつくるのは高慢であり、水と空気を汚すのは無礼というものではないでしょうか。
 天変地異の起こらぬよう祈り、交通事故を起こさぬよう、災害に遭わぬよう細心の注意をはらいましょう。

 今月の六波羅蜜(ロッパラミツ)行です。

[布施(フセ)行と運勢]
 水を供えましょう。
 精進の人は自重して大難なし。
 不精進の人は目上とトラブルを起こし成果を逃しがち。
[持戒(ジカイ)行と運勢]
 塗香(ヅコウ)で身と心を清めましょう。
 精進の人は出し惜しみせず成功。
 不精進の人はとばっちりを受けがち。
[忍辱(ニンニク)行と運勢]
 お花を供えましょう。
 精進の人は誠意が通り成功。
 不精進の人は手を抜きが発覚して失速しがち。
[精進行と運勢]
 お線香を供えましょう。
 精進の人積極的に動いて奏功。
 不精進の人は臆病さや考えすぎで時期を失しがち。
[禅定行と運勢]
 飯食(オンジキ)を供えましょう。
 精進の人はまっすぐ決着へ進んで成功。
 不精進の人は自惚れが魔ものを呼びがち。
[智慧行と運勢]
 灯火を供えましょう。
 精進の人は7分で満足して成功。
 不精進の人は強欲が勇み足となり攻撃を受けがち。

 皆さんの開運を祈っています。
 
 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ