コラム

 公開日: 2013-07-04  最終更新日: 2014-06-04

法楽農園の自然農法について

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







 おかげさまにて、徐々にではありますが、法楽農園の整備が進んでいます。
 最近、境内地の草取りをしてくださっている方々などとイチジクを植えました。
 終了後、Aさんからご質問が出ました。
「今後、ご指導いただく『山楽耕』の大枝先生は、草を刈らず草の間で野菜を育てるそうですが、そうすると、『法楽農園』のブルーベリーの周囲も草刈りは一切、しないのでしょうか?」
 どこかの時点で、こうしたご質問が出ると思っていました。

 大枝邦良先生の自然農法は、決して放置主義ではありません。
 学研出版の『自然農法で野菜づくり』において、こう明言しておられます。

「自然に任せるといっても、自然農法はまったくの放置ではありません。
 タネをまく、草を刈るなど、人間が介入しなくてはいけないところがあります。
 どういうタイミングと方法で介在するかが大切なんです」

 当山は、人為をすべて否定するのではなく、こうした〈自然の力を生かす人間の手による方法〉を会得された方であるからこそ、『法楽農園』のご指導をいただくことに踏み切りました。
 しかし、当然ながら、私たちが一朝一夕に〈タイミングと方法〉を学びきれるものではありません。
『法楽農園』の活動は、いくつかの原理原則を決めた上で、あとは試行錯誤になることでしょう。

 今回の問題については、こう考えています。
 植物の育ちやすい理想の土がある程度、できたならば、先生がやっておられる農場の景色に近い姿で育てられるかも知れませんが、『法楽農園』はまだ、土作りに着手する段階です。
 だから、植えたものは、やはり、保護してやらねばなりません。
 小さな苗木が周囲でどんどん伸びる草たちに囲まれて育ちにくくならないよう、草刈りも必要です。
 しかし、大切なのは、草刈りした部分を裸の土のままにしないことです。
 地面が直射日光を浴びて大切な微生物たちがやられてしまわぬよう、ミミズなどが活躍できなくならないよう、刈った草などで保護してやればよいのです。
 そうすれば、苗木に日光が注ぎ水も得られ、土も又、刈られた草を養分に変えてゆくことでしょう」

 Aさんは納得されました。
「よくわかりました。
 私がこれまでやっていたのとは違う方法のようですが、これから勉強してゆきたいと思います。
 そう言えば、ブルーベリーを植えた時に刈った草を捨てずにそばへ置いたら、その下で今までにないほどたくさんのミミズたちが元気に動いていました。
 土全体が、刈られた草が重なるように柔らかで自然に養分が蓄えられたものになればよいのですね」
「そうです。
『法楽農園』とかかわる方々にこうした方向性をご理解いただくよう、私自身ももっとよく学ぶよう、8月10日の寺子屋『法楽館』に大枝邦良先生を講師としてお願いしてあります。
 ぜひ、お揃いでおでかけください」

 今日の守本尊大日如来薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ