コラム

 公開日: 2013-07-23 

「脱『檀家』宣言」から3年が経過して

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 平成22年7月21日、河北新報へ「脱『檀家』宣言」が掲載されてから、3年が経過しました。
 寺院にご先祖様を頼んでいるという意味の檀家にとらわれず、寺院の理念や活動へ賛同するという自主的判断によって寺院へ足をはこんだり、寺院を支えたりする純粋なサポーターによる「ゆかりびとの会」も、順調な活動を続けています。
 会員の方々は、毎月、定期的に届く機関紙「ゆかり人」を読み、学び、行事予定を知り、余剰資金で寺院の経営を支え、御幕や手水場や「みやぎ四国八十八か所巡り道場」のお堂などを造ってきました。
 また、草刈り奉仕やお花見や芋煮会なども行ってきました。
 役員の方々は毎月一度、必ず定期的に役員会を開催し、寺院の活動の柱となってきました。

 そもそも、寺院は、聖職者が行う修法による法施(ホウセ)と、サポーター(真の檀信徒)さん方による財施(ザイセ)とによって成り立っています。
 サポーターさん方は、寺院で行われる修法による救いを信じてモノや労力を捧げ、寺院を信頼しています。
 寺院は、サポーターさん方によるご助力を信じて修法に励み、信徒さん方を信頼してます。
 互いに信頼し合えるのは、ご本尊様がおられるからです。
 そして、ご本尊様は、いかなる仏神を信じる方をも排除せず、見守っていてくださいます。
 だから、サポーターの方々はあらゆる宗派にわたり、無宗教の方などもおられます。

 今、法楽寺は、「人が生きる」という原点に立ち、人が真に自立し、信頼し合う人々が支え合って生きるということを実感としてつかむ道の一つとして『法楽農園』の聖地化を目ざしています。
 自分たちで作り、自分たちで分け合う米も野菜も、他の生きものの生活を許さない農薬や土の力を抑制する化学肥料を用いず、自然からの〈恵み〉として与えられるものです。
 恵みを施す空間には、お地蔵様や守本尊様が祀られ、お見守りいただいているという真実を感じることができます。
 完成した『法楽農園』へ足をはこばれれば、私たちのいのちは大自然の中のどこにあるか、インスピレーションとして把握できることでしょう。
 また、土の力、生きものたちの息吹、そしてみ仏方のご加護も感得できることでしょう。
 
 サポーターの方々、また、新たな「摩利支天(マリシテン)ネット」を通じてのご縁の方々、そして当山へ関心を持つあらゆる方々と共にまごころの絆をつくり、次のステップを目ざしてゆきます。
 この絆は、誰かを騙そうとしたり、自分だけが儲けようとしたりする欺瞞や悪意を含むただのネットではありません。
 真実を求め、自他の救いを求め、誰かのためになりたい人、つまり菩薩道(ボサツドウ)を歩む人々による絆です。
 この絆には、よりよき未来をめざす祈りが込められています。
 必ずや仏神のご加護があることでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------
 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ