コラム

 公開日: 2013-07-27  最終更新日: 2014-06-04

『摩利支天ネット』第1号について─雑草を刈る、心の雑草も─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈川のそばにある竹林から草刈りした堤防へ出てきて遊ぶ黒いトンボ〉

 7月26日(金)午前9時前、大雨の予報と異なる曇り空の下、予定通り、『法楽農園』にある田んぼの草取りを始めました。
 藁科昇氏の説明を受ける3人は、田んぼの草刈りをした経験がなく、まず、何が雑草であるかを見分けるところから説明していただきました。
 雑草といっても稲科の植物たちなので、ちょっと見ただけでは、ほとんど見分けがつきません。
 機械による田植えだったので、列の位置を確認しながら進むと、本来は空いていなければならない部分で伸びているものは雑草なので、見分けに慣れるまで大した時間はかかりませんでした。

 始めてまもなく、お釈迦様の教えを思い出しました。
「悪しき心は、芽が出たならば速やかに刈り取らねばならない。
 さもないと、雑草が稲を害するがごとく繁茂することだろう。」

 そう言えば、田植えしていただいた赤間さんから「そろそろ、草刈りをしないとだめだよ」と指摘されたのは何週間も前でした。
 今日も、藁科さんから「もっと前にやっておけば、こんなに酷くはならないで済んだのに」と指摘されました。
 自然界のものたちは、人間のスケジュールに合わせてはくれません。
 草刈りが今日になってしまった人間は、自然の運行からずれた分だけ、自ら苦労をせねばなりません。

 自然界からすれば、稲も他の植物も分け隔てはありませんが、人間にとっての有用性というものさしに当てれば、育てたいものと邪魔なものに分かれるのは当然であり、自然界のあらゆる生きものたちもまた、自分の生命の維持というものさしによって、区別していればこそ、いのちをまっとうできます。
 稲を育てる身にとってはやはり、雑草は雑草です。

 チューラパンダカという物覚えが悪いお弟子さんの故事を思い出しました。
 お釈迦様は、こう指導され、彼はついに悟りを開いたのです。
「垢を除かん、塵を払わんと唱えながら掃除をしなさい」
 目の前の光景は、私の心そのものです。
 大切な稲は、数でも背丈でも凌駕しつつある雑草たちによって、息も絶え絶えです。
 ──自分の心は?……。
 善き心を悪しき心から守らねばなりません。
 雑草を抜きながら、心で唱えました。
「垢を除かん、塵を払わん」

 気温が低く、ときおり小雨の降る絶好の条件下で行われた草取りも予定の11時となり、4人は再会を誓って解散しました。
 車に乗った直後から急に雲行きが険しくなり、ご守護を感じながら帰山しました。
 着替えを始めた頃、猛烈な雨がやってきました。
 秋になれば、きっと、すばらしいお米が授かることでしょう。
 
 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8



 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ