コラム

 公開日: 2013-07-31  最終更新日: 2014-06-04

2013年(平成25年)8月の運勢─流れの生かし方─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







 2013年8月(葉月…8月7日から9月6日まで)の運勢・運気のミニポイントです。
 改運し、開運し、快運となりますよう。

○今月は、おさまるべきものがおさまるべきところへおさまる「固定」の力が強くはたらきます

 今月は、数十年に一度の、「定まる」力が強大な月です。
 ここで運気をいかに生かすかが、その後の人生に少なからぬ影響を及ぼすことでしょう。
 このような時期には、自分をよくふり返り、「分を尽くしているか」「まっとうな願いを持っているか」「心にある恥ずべきものを見すえているか」などとよく考え、ごまかしのない澄んだ心で、なすべきことに邁進したいものです。

 もしもこの一ヶ月で、仏神に顔向けできない生き方をすれば、よからぬものやつまらぬものがしっかりと根を張り、悪影響が尾を引きかねません。
 せっかく発展の芽が出た時に、思いも寄らぬ形で信用を破壊される事態に陥って失敗したり、目上との間で自滅的な問題を起こして失敗するはめに陥るかも知れません。
 望まぬものが固まってしまえば、後が大変です。
 ボンドや瞬間接着剤を用いる時に注意するのと同じ慎重な姿勢でやりたいものです。

 もしもこの一ヶ月で、嵐にも消えない灯火をともすように肝心なものを定めてしまえば、その後の人生でおたおたせずに済むことでしょう。

 そこでお勧めなのが、懺悔の言葉です。

「無始よりこのかた貪瞋癡(トンジンチ)の煩悩(ボンノウ)に まつわれて、身と口と意(ココロ)とに造るところの、もろもろのつみとがを、みな悉(コトゴト)く懺悔(サンゲ)したてまつる
 我昔所造諸悪業(ガシャクショゾウ ショアクゴウ)
 皆由無始貪瞋痴(カイユムシ トンジンチ)
 従身口意之所生(ジュウシンクイ シショショウ)
 一切我今皆懴悔(イッサイガコン カイサンゲ)」

 読み下し文は一回、漢文は通しで三回、読むならわしになっています。
 毎日一度でも口にすれば、心も運勢も大きく変わること請け合いです。

(唱え方は、どうぞ『法楽寺仏前勤行宝典』CDの冒頭をご参考にされますよう。
 また、「従身口意之所生」は「従身語意之所生」と唱える場合もありますが、同じ意味です)

○金縛りに遭う時は否が応でも遭うのです

 そんな状況になったならば「あっ、来たな」と落ちついて対応しましょう。
 今月起きやすい金縛りに関するウィキペディアの解説です。
「医学的には睡眠麻痺と呼ばれる。
 睡眠時の全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態。
 不規則な生活、寝不足、過労、時差ぼけやストレスなどから起こるとされる。」
 このことを知っていれば、金縛りに遭ったからといって、無用の恐怖や不安などにとらわれることもなく、魔ものを怖れる必要もありません。
 そもそも金縛りとは、不動明王が左手に持った索で悪しき心を縛るお力の強さを指したありがたい言葉です。
 動物である人間は、位置を変えることが生きる実感と密接に結びついています。
 そこが脅かされたと感じる時は、智慧と胆力によって相手を冷静に見極め、悠然と対応したいものです。
 
 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ