コラム

 公開日: 2013-08-13  最終更新日: 2014-06-04

【現代の偉人伝】第177話 ─津波が来る時、車から降りて救助活動を行った瀬尾佳苗さん─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






〈『法楽農園』に祀られ始めた守本尊様〉

 8月11日、産経新聞は『車椅子の女性助け 津波に流された一人娘』について報じた。
 東日本大震災により、岩手県大船渡市越喜来(オキライ)で独り暮らしをしつつ北里大学へ通っていた瀬尾佳苗さん(当時20才)が住んでいたアパートも流された。
 佳苗さんはいまだに行方不明のままであり、発見されたのは愛車とスノーボードと財布、それに名刺大のピアスの入れ物だけである。

 埼玉県で育った佳苗さんは、高校3年生の時に北里大学を見学し、2~4年に越喜来のキャンパスで学ぶ海洋生命科学部の存在を知り、自ら進路を定めた。
 水族館の学芸員を目ざしていて津波に遭った。

 平成23年8月、父親真治さんの携帯電話へ越喜来の知人男性から一通のメールが届いた。
 以下、全文である。

「今朝の事ですが、車椅子の老婆と中年のおばあさんが私を訪ねてきました!!
 話を聞けばあの大津波の時に北里大学の女の子に助けてもらったそうです!!
 これから話すのはその女の子の最後の姿の話です!!
 その老婆が避難する際に車椅子を利用して避難していた!
 ところが誰も車椅子を押してくれず、他の人達は我や先と逃げて行く中にあって、その女の子は車から降りて来て車椅子を押してくれたそうです!!
 車椅子の老婆はギリギリ助かりましたが、その女の子は何かのはずみで転び津波に飲み込まれたという話でした!!
 押してもらいながらの二言目位の会話で北里大学の生徒だと知ったそうです!!
 老婆は泣きながら話してくれました!!
 今でもその女の子の菩提供養の経を唱えているそうです!! 
 優しい子だったんだね!!
 私も同じ行動を起こしたか?
 危険を顧みぬ勇気、人を思いやる心、これからの私の手本です!!」

 メールが伝えてくれた娘の最期の様子に、両親は思う。

「困った人を見て見ぬふりできない子だった。
 わが子ながら立派だった」

 両親は、我が子を探す中で、手伝ってくれる被災者の方々と知り合い、願いが芽生える。

「いつまでも娘が愛した越喜来とつながっていたい」

 そして、埼玉県志木市で、知人と居酒屋を始めた。
 食材は越喜来から仕入れる。
 2年半が立とうとしている今も、悲劇は決して終わっていない。

「姿は見えないけど、魂は一緒にいると思わないと、辛い毎日」

 家族同士で涙を見せることはない。

「一緒に泣いてしまったら、すべてが崩れてしまう気がする」

 三度目のお盆を迎えた。

「今どうしているの?
 佳苗らしく海に逝った人たちを助けているのかな」

 供養する心は万霊へ届く。
 お盆には、先に逝った家族や友人知人だけでなく、戦争で犠牲となった方々、そして地震や津波や原発事故で亡くなった御霊方へも、心から慰霊の祈りを捧げたい。
 
 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y




 こうした内容に関心のある方はブログ(http://hourakuji.blog115.fc2.com/)の拙稿をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ