コラム

 公開日: 2013-09-18  最終更新日: 2014-06-04

映画『洟をたらした神』を観賞して ─原発事故が奪い去った〈見届けられるべき世界〉─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 第四十四回寺子屋『法楽館』では、映画『洟をたらした神』を観賞し、語り合った。

 福島県石城郡小名浜町(現在のいわき市小名浜)に生まれた吉野せいは、好間村(現在のいわき市好間町)北好間の菊竹山で開墾生活をしていた詩人三野混沌(本名=吉野義也)に嫁ぐ。
 当時の鹿島村(現在のいわき市鹿島町)には八代義定の書斎「静観室」があり、解放された書斎では若者たちが集い、人生を語り合い、思想や哲学を学んでいた。
 二人はそこで出会った。
 混沌のプロポースの言葉にこうした一節がある。

「貴女に頼られれば自分は強くなれる。
 私は貴女を限りなく愛する」

 開墾地には水が無く、沢まで水汲みに往復せねばならない。
 水すがり、水に生かされ、水に感謝する生活である。

 次々に子供が生まれ、極貧の中で懸命に育てる。

「生活がいかに苦しかろうと、天からの授かりものは生きねばならぬ」

 長男は流行のヨーヨーを欲しがるが、買ってもらえない。
 彼は、ついに、自分で作り上げる。
 子供といえども、貧乏に耐えているうちに知恵が出て、芯が強くなる。
 貧乏な家族は、一緒に耐える者として互いを思いやり、結びつきが強くなる。
 
 肥料は小学校から譲られる人糞である。

「切り拓く土地を痩せさせてはならない。
 一握りの土地を守らねばならない」

 明治27年に生まれた吉野混沌は、洗礼を受け、早稲田大学を中退した。
 山村暮鳥や草野心平と交わり、野の詩人と称された。

「天日(テンジツ)燦(サン)として焼くが如し、出(イ)でて働かざるべからず」

(陽光は厳しく、しかし、いのちを育くむ強い力で照りつけている。さあ、野へ出て、はたらこうではないか)
 夫婦でこう覚悟を確認し合いながらはたらき、最後も野へ出ようとして倒れた。
 
 大震災と津波、そして原発事故をくぐり抜けて生きている私たちは、ここまでいのちをつないでくれた先人に対して何ができるのだろう。
 吉野せいは結婚に際し、新たな出発をすべく、書き溜めた原稿や日記をすべて焼き払った。
 そして、子供たちを育て上げ、夫を送った後に、再びペンをとった。
 時、71才だった。
 生き残った吉野せいは、確かに〈見届け〉、それを記したのだ。
 私たちも老いたならば、人生に残された最後の仕事は〈見届ける〉ことではなかろうか?
 しかし、見届けられるべき故郷が、大地が、自然が人間の生から切り離されれば、もう、それはできない。
 原発事故のもたらした最大の悲劇はここにある。
 人々が、自分の生きた軌跡を、皆で耕した成果を、町や村を包み育んでくれた自然を見届けられないこと、これはまごうことなき悲劇である。

 確かに『洟をたらした神』は苦闘の歴史である。
 しかし、軌跡を見届ける吉野せいには、活き活きした感性に応え、静謐な安寧をもたらしてくれる世界が残されていた。
 この世界の喪失は惨い。
 喪失には人間の手が加わっている。
 私たちは、原発事故が何をもたらしたのか、よくよく省みる必要があるのではなかろうか。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。



この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ