コラム

 公開日: 2013-09-20  最終更新日: 2014-06-04

【現代の偉人伝】第179話 ─機械加工3級合格の髙橋涼君─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈大崎タイムスさんからお借りして加工しました。髙橋涼君です〉


2013092000001.jpg
〈『歴程』さんからお借りして加工しました。故三野混沌氏です〉

 9月16日付の大崎タイムスは、機械加工(平面研削盤作業)3級検定に県内の高校生として始めて合格した髙橋涼君(18才・古川工業高定時制機械科3年)を紹介した。

「機械好きだったわけではないが、勉強するうちに興味が増してきた」
「県内初の合格者になりたい」

 午前7時50分から午後3時30分まではたらき、登校する。
 4時間の授業が終わると、機械科の科長高橋教諭の車で会社へ戻り、1時間半から2時間の練習に励み、見事に合格した。
 2級の資格を持つ高橋教諭の指導を受けたが、検定試験で使うコンピューター制御なしの汎用機が学校になく、機械加工業のワイドテクノ(加美町)の協力を得た。
 3級のレベルは、コンピューターでもできない1000分の5ミリ単位という高精度の技術である。

「高橋先生に遅くまで教えてもらったので、絶対合格しなければと思っていた。
 会社の汎用機を壊し迷惑をかけてしまった上、実技試験に上司が応援に来ていたのでプレッシャーがあった」

 高橋教諭は「前向きで妥協しない性格の生徒」と評価する。

 髙橋涼君は、すでに前を向いている。

「年度内は資格試験に挑戦し、来年度は進学に向け受験勉強に専念したい。
 研削の仕事に就職できれば、2級にも挑戦したい」

 こうしたまっすぐな人がいることは嬉しい。
 志のために集中して時間を使えば、余分な時間はなくなり、人間としての能力が開発される。
 誰でも成長し、老いるが、能力を開発すれば一段、抜け出られる。
 それは、誰かと比較しての問題ではなく、惰性の人生からステージを一段上げて生きることだ。

 私たちは惰性で生きていないだろうか?
 余分な時間を過ごし、人生がボロボロとこぼれ落ちていはしないだろうか?
 髙橋涼君のひたむきな姿は、若者を奮い立たせるだけではない。
 そのひたむきさは、呉地正行先生にも、故三野混沌にもつながっている。

「日本雁を保護する会」会長の呉地正行先生は若き日、決心した。

「成り行きまかせで社会に組み込まれていくのではなく、内的欲求のほとばしりによって一瞬一瞬を充実させる生き方を選ばねばならないと考えた」

 そして、64才になられた今も、雁の保護と、ふゆみずたんぼの普及に全力をかけておられる。

「洟をたらした神」を書いた作家吉野せいの夫、故三野混沌は詩人であり開墾に一生を捧げた農民だった。
 晩年、脳軟化症になり、夜中に起きて暴れたりもした。
 吉野せいは書いている。

「若いときから、表現だけを生きがいにしてきたひとですから、全く表現の方法を奪われた晩年は、その鬱積したものが怒りのように爆発したのだと思います」
「私が何か思い余って、枕元でつぶやいていたら、はっきりと『なげくんでねえ』といってくれた。
 最後の頃、時々『おっかあ』と微かに呼んだ。
 口を動かすのだが、私には言葉としてききとれない。
 わかんねえよ、困ったなあというと黙ってしもう。
 も少し私に誠意があったらききとれたであろうに。
 でも、しづかな実にしづかな終わりであったことが、うれしい」

 ひたむきな姿勢は一生である。
 還暦を過ぎても、死を迎えても、生を充実させ続けることはできる。
 髙橋涼君の前途にご加護がありますよう。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ