コラム

 公開日: 2013-09-21  最終更新日: 2014-06-04

寺子屋の教え『実語教・童子教』を考える(その61)─勉強は、今、やるのみ─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 江戸時代まで寺子屋などで用いられていた『実語教・童子教』を読んでいます。

「伯英(ハクエイ)は九歳にして初めて
 早く博士の位に至る  
 宋史(ソウシ)は七十にして初めて
 学を好んで師傅(シフ)に登る」

(伯英は9才にして博士となった。
 宋史は70才になってから学問に目覚め、師傅(シフ)の位に昇った)

 昔、中国の琅邪(ロウヤ)に生まれた伯英(ハクエイ)は5才の時、すでに文章や詩などを書きました。
 字(アザナ)は長花(チョウカ)です。
 7才になると哲学、文学、歴史学に通じ、9才では元帝に仕えて博士という官位に就いたという超天才です。
 博士の「博」は古今のものごとに通じた人、「士」は正邪・善悪などの道理をはっきり示せる人を指します。

 昔、中国の宋史(ソウシ)は農民でしたが、70才の時、陳丘と会って学問に目覚めました。
 先が短いと思い、昼も夜も励み、ついに三公(サンコウ)と称される位に昇りました。
 三公とは、太師(タイシ)・太傅(タイフ)・太保(タイホウ)なので、「師傅(シフ)に登る」と言われます。
 日本の三公(サンコウ)は、左大臣、右大臣、太政大臣です。
 世間では「年とってから学問をするなんて……」と揶揄しますが、おかしなことです。
 学ぶ心さえ保てれば、死ぬまでやれます。

 このように、早熟の天才もいれば、大器晩成型の人もいます。
 問題は、自分に学ぶ意欲があるかないかだけです。
 意欲や志は、境遇も年令も超える力を秘めています。

「智者は下劣(ゲレツ)なりと雖(イエド)も
 高台(コウダイ)の閣に登る  
 愚者は高位なりと雖(イエド)も
 奈利(ナイリ)の底に堕(オ)つ」

(智慧のある人は、たとえ低い身分の生まれでも出世し、成功者となれる。
 智慧のない愚かな人は、たとえ高い身分に生まれても、やがては地獄の底に堕ちる)

 大切なのは智慧であり、それを得るには学ぶしかありません。
 ここでは学問という範囲で学ぶことの意義を説いていますが、〈学ぶ〉とは、もっと広い心のはたらきです。
 向上心と、謙虚さと、粘り強さがあれば、いつでも、どこでも、一生、学べます。

 隠形流(オンギョウリュウ)居合の道場で、こんなやりとりがありました。
 経典を読誦する前後に数珠を使う作法について話したところ、Aさんから質問がありました。
「唱える前に数珠を擦って願うことと、唱え終わってから願うことは違っていてもよいのでしょうか?」
 答えました。
「それはあり得ません。
 前には成就を願い、後には感謝するからです。
 そのように、〈今、何をやっているのか〉と意識しながら稽古することが大切です。
 この道場では、心をつくるために道具として身体と剣を用います。
 心がしっかりできてゆけば、やがて身体が思うように動かなくなっても、仏神に導かれ、死ぬまでまっとうに生きられます。
 心ができてゆかなければ、身体が動く範囲にしか得られるものはありません。
 Aさんには、問題意識があり、謙虚さもあるので、きっと、稽古は身につくことでしょう」

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ