コラム

 公開日: 2013-10-26  最終更新日: 2014-06-04

平成25年(2013年)11月の運勢─他人のよき行いをすなおに誉められるか─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 11月の運勢は、良心やまごころのありようがポイントです。

○自分の良心やまごころのありようによって、人々と連帯して進めるか、あるいは頑迷さで孤立し、自滅するか、大きく分かれることでしょう

 お釈迦様は、托鉢と説法の旅において最初の頃はご苦労されましたが、やがて、行く先行く先で、お弟子さんたち共々、たくさんの供養を受けられるようになりました。
 売春婦も、大富豪も、国王も供養させていただき、教えを受ける機会にめぐり会える幸せを喜びました。
 ダライ・ラマ法王のご説法の様子を見ても、人々の感激ぶりは想像できます。
 さて、そうした席には、たとえば精舎(修行道場)を供養した人も、食事を供養した人も、そして、さしたる供養のできない人々もたくさん集まりました。
 お釈迦様は因果応報を説き、善根(ゼンコン…よき結果がもたらされるようなよき原因)を祝福されます。
 ここで問題になるのは、供養した人は福徳がもたらされる原因をつくれるが、貧しくてほとんど供養できず、善根と無縁な人々に、よき結果がもたらされる道は閉ざされているのではないかという点です。

 お釈迦様は説かれました。

「供養できない人は、供養できる人の善行を心から讃えるがよい。
 喜ぶがよい。
 それによって、供養した人と同じく大きな功徳が得られるであろう」

 他人の善行を「これはすばらしい!」と心から讃え、善根を積む幸せを「よかったねえ!」と心から喜べるならば、それによって、よき結果をもたらす原因をつくったことになるというのはなぜでしょうか?

 それは、私たちのいのちのはたらきは、身・口・意(シンクイ)の三つによって絶え間なく続き、身体で行う行為も、言葉で行う行為も、心で行う行為も、それぞれに、よき結果や悪しき結果をもたらし、幸福も不幸をも、もたらす原因になるからです。
 たとえば、精舎を供養した大富豪は、稼いだ財を差し出し、礼儀正しく敬い、心から帰依することによって身・口・意の総動員による善行を行いました。
 そして、供養を讃え、我がことのように喜ぶ人も又、言葉と心で善行を実践したことになります。
 身体はどうか?
 五体投地や合掌や慎みある態度による立派な善行が可能です。
 こうして身・口・意が清らかで尊い状態になれば、善根が積まれ、祝福されるにふさわしい人となるのです。

 師の教えです。

「心は優しく、あるいは厳しくあれば、そだれけでよいわけではない。
 悪しき状況や苦しい状況にあって大切なのは、むしろ優雅な心の余裕であり、穏やかな態度である」

 自分がさんざんそうしたところを通ってきたので、実に、身に沁みました。
 心が乱れ、険しく、刺々(トゲトゲ)しく、荒々しくなっていては、実の悪縁につけ込まれてしまいます。
 そして、優雅な心をつくる方法として、第一に「善行者への讃歎」、第二に「善行への随順」と説かれました。
 他人のよき行為をすなおに讃え、よき行為は自分もすなおに実践することが大切なのです。

 身・口・意が清らかであれば、それは、み仏へ一歩、近づくことであり、突き詰めれば即身成仏(ソクシンジョウブツ…この身このままでみ仏としての真姿に成ること)です。
 今月は良心やまごころの命ずるところに従い、妬まず、ご縁の方々と喜びや精進を共にしつつ、安心な年末へと向かいたいものです。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ