コラム

 公開日: 2013-11-12  最終更新日: 2014-06-04

癒しは共感と励ましの二人三脚

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈ジョアン・マヌエル・セラート〉

 リンゴ一個で空腹をしのぎつつ目的地へ向かう車内に流れているのは、ポールモーリアが演奏する『エーゲ海の真珠』。
 この曲は昭和45年の暮れに日本でも発売され、大ヒットした。
 同じ年の前月、三島由紀夫が割腹自殺を遂げている。
 あの時代、心の乾きに追われつつも、〈世間のことさ〉と放り投げられない若者たちは、ありったけのいのちの炎を燃やせる機会に飢え、場所探しをしていた。
 深い挫折を抱えた私の耳にはときおり、甲高い三島由紀夫の叫びがよみがえる。
「生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか!」
 何に魂をかけて生きられるか?
 心で呻きつつ歩く時、あちこちから『エーゲ海の真珠』が聞こえた。
 ピアノとチェンバロの主旋律は哀しみを湛えて抑揚をくり返し、ブラスの咆吼とドラムの連打は鼓舞し、ダニエル・リカーリのキャットは戦傷者へ看護婦が差し伸べる手の柔らかさで、よろめく心を支えてくれた。

 さて、日々、無情に打ちのめされる方々の悲しみや、無常にようやく耐えている方々の哀しみに接していると、人間は何と切ない存在なのだろうかと、その先の言葉を失う。
 また、私たちは、こうした感情に浸されてようやく、お釈迦様が説かれた「苦」を感得できるのではないかとも思われる。
 当山へ足をはこばれた方々から「癒されました」という言葉をいただくことがある。
 お釈迦様は、苦から癒されるという過程を経ることなく、一気に苦を克服されたが、我々凡夫は、なかなかそうはできない。
 耐え、癒されつつ、意志が続けば克服へ向かう。

 いつの間にか「癒し」という言葉が社会に定着した。
 癒しとは何だろう?
 若い頃の私は、『エーゲ海の真珠』に癒されて生き延びたのだろうか。
 あの短調の主旋律には切なさへの共鳴があったのか。
 あのダダダダと力強いドラムは、消え入りそうになる、あるいは忘れてしまいそうになる、あるいはまだしかとはつかめないでいる志への下支えだったのか。
 そうならば、癒しとは共鳴と激励によってもたらされるのか?
 確かに、私たちは、誰かに聴いてもらうだけで楽になる場合がある。
 魂の共鳴を感じとれれば、共感してくれる人がいれば、それだけでも切なさは薄れる。
 確かに、私たちは、誰かに背中を押されるだけで、足が前へ進む場合がある。
 激励されれば、隠れていた力があふれ出す。

 そもそも『エーゲ海の真珠(ペネロペ)』は、スペインのシンガー・ソングライター、ジョアン・マヌエル・セラートが作詞作曲したものである。
 ペネロペはギリシャ神話に登場する貞淑な妻である。
 出征したままになっている夫を20年待ち続け、再会を果たす。
 セラートは、年老いた旅人が、故郷の駅のホームで昔の恋人に似た女性を見かけた時の真理を切々と唄い、ポールモーリアは巧みな編曲と演奏で一世を風靡(フウビ)した。
 ちなみに、セラートの風貌も動作も故鶴田浩二そっくりである。
 この曲を唄った頃のセラートはもう、若者ではない。
 人生の切なさを知り尽くした男が、また切ないひとときをつくってしまう。
『ペネロペ、ぼくの誠実な恋人、ぼくの安らぎ。
 君はもう心の中で(ぼくの)夢を(織って)見たりしなくてもよいんだよ。
 ぼくを見て、ぼくは君の恋人なんだ、ぼくは戻ってきたんだ』
http://www.geocities.jp/pppppppihyghhg/Paroles/espanol2/penelope/penelope.htm
 ホームにたたずむ女性はもちろん、別人である。
 白昼夢はすぐに消え、人生の重い足どりは続く。

 思えば、音楽も文学も演劇や映画や絵画も共感と激励で、人間として生きる希望を失わせない。
 人間に共感し、激励し、激励されるとき、この希望が現実化するのではないか。
 癒しは人を人間として生きさせる力を持っていると思う。

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ