コラム

 公開日: 2013-11-13  最終更新日: 2014-06-04

第四十六回寺子屋『法楽館』「うつ病を克服する文明は?」(その2)

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 前回は、生きものとしての危険を回避するために発達した扁桃体のたはらきが過剰になり、うつ病の引きがねとなる原因を積み重ねてきた歴史を眺めました。
 そして、農耕の開始が生産物を蓄えるという社会的不平等の始まりであり、不平等感がストレスを引き起こし、うつ病の下地となっていることを確認しました。
 そして、文明の宿命である不平等を克服するために、一つには、人の心を荒(スサ)ませるほど拡大した社会的不平等を是正すること、もう一つには、思いやりと布施によって、一人一人が心の平等をつかむことが不可欠であると私見を述べました。
 最後に、もう一つ、私見を書いておきます。
 それは、NHKの番組でも指摘されていた〈自然との関係の回復〉です。

 私たちは、海とよく似た元素で構成されている羊水の中で成長し、この世へ生まれ出ます。
 そして、海とよく似た元素で構成されている血液に頼って生きます。
 私たちはまぎれもなく、〈自然の一部〉としての生きものです。
 しかし、文明の発達は人間をどんどん自然から遠ざけました。
 一面では、森や小川や湿地をつぶして都市を造り、道路を造り、生活環境から自然を追い出しました。
 もう一面では、陽が昇り、沈むことと無関係に夜中まで活動する生活のパターンをつくりました。
 こうした、いわば文化的生活が安心と長寿をもたらした反面、生きものとしての人間にストレスを発生させ、心身へ害を与えるようにもなりました。
 たとえば、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の増加は、自然の中で発達した脳が、自然から切り離された刺激的環境へ適応できていないせいではないかと言われています。
 生育過程にある子供たちが夜更かしし、コンビニなどで強い光を受けることが脳へ悪しき影響を与えることはとっくに指摘されています。

 当山は「【現代の偉人伝】第166話」で株式会社アシスト代表取締役会長のビル・トッテン氏を紹介しました。

「中長期的に考えて、エネルギーを浪費し、ゴミを出す経済自体が続くとも思えません。
 だから、私は自分を守るため、自給自足に近い生活ができるように動いています。」
 氏はテニスコートを潰してネギやニンニクや大根を植え、ミツバチや鶏も飼っている。
「我が社では06年から、家庭菜園の農地を借りる社員に年間2万円を補助しています。
 会社全体の1割ほどにあたる80人ほどが利用しています。
 彼らは本気ですし、私も『晴耕雨読』の生活を続けていきます。」

 また、太陽と共に生きる規則正しい生活がストレスホルモンの分泌を正常化させることも知られており、そうした生活への切り替えがうつ病やADHDからの脱出に効果を示しています。

 もちろん、都市生活者たちがこぞって森の住人になれはしないし、皆が太陽の運行と寝起きを合わせる農耕時代の生活に戻れるわけでもありません。
 だから、都市や家々に緑を増やすなど生活環境へ自然を招き入れ、おりおりに大自然の中へ足をはこぶことには大いなる意義があります。
 また、子供たちにとって、自然とのふれ合いは適切な食事や睡眠と同じように不可欠であると認識し、〈自然欠乏症〉に陥らせないことも肝要です。
 アメリカでは800万人もの子供たちが精神を病み、特に多いのが日本でも増加しているADHDです。
 イリノイ大学は重大な研究発表を行っています。

「緑の野外スペースは子供たちの創造的な遊びを促し、大人と積極的に交流させ、注意欠陥障害の症状をやわらげることがわかった。
 子供の周囲に緑が多ければ多いほど、ADD(注意欠陥障害)の症状は緩和された。
 一方、テレビ鑑賞のような屋内での遊びや、野外でも舗装された場所のように緑のない環境での遊びは、症状を悪化させた。」(リチャード・ルーブ著『あなたの子どもには自然が足りない』より)
「平均的に、少女の家から眺められる緑が多ければ多いほど、その少女の集中力は高まり、衝動的な行動が減り、覚えた喜びも長続きする。 ひいては、学業が向上し、仲間からのプレッシャーにうまく対処し、危険を避け、不健康な生活を遠ざけ、問題行動をとらなくなる。」(リチャード・ルーブ著『あなたの子どもには自然が足りない』より)

 私たちはとっくに、〈何とかしなければならない〉生きものであり、そうした文明を生きています。
 誰かがうつ病になったなら、その直接的な原因は、いじめや過労や衝撃的なできごとかも知れません。
 しかし、誰しもの心にそうなりやすい下地ができつつあるという深刻な事態は看過できません。
 私たちは一つの文明の中で一つの時代の空気を吸って生きています。
 全員が一隻(セキ)の巨大な船の乗客であり、自分だけが降りられはしません。
 今からおよそ5億2000万年前に魚類の防御システムとして扁桃体を発達させ、以後、常にシステムの暴走という危険と隣り合わせの航海を続けている私たち、自然の一部なのに自然からどんどん乖離している私たちは、危険を避けるための知恵をはたらかせ方法の実践を続けるしか、沈没せずに宿命の航海を続けられはしないのです。
 うつ病は(ADHDなども含め)、発症している方にとっての問題だけではありません。
 それは人類全体の業病(ゴウビョウ)ですが、歴史と実例に見るとおり克服可能です。
 その方法は、社会的不平等の是正と、「おかげさま」「お互いさま」で生きる心の平等の確立と、そして生活と心へ自然の〈おかげ〉をいただくことではないでしょうか。
 不平等へ立ち向かい、自然を守り自然に親しもうではありませんか。
 日本を守り、子孫を守ろうではありませんか。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ