コラム

 公開日: 2013-11-23  最終更新日: 2014-06-04

戒名の「居士(コジ)」って何ですか?

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈「みやぎ四国八十八か所巡り道場」の参道を守る石柱がどんどん建っています〉

 お戒名の最後にある「居士(コジ)」とは、「外儀(ゲギ)内徳(ナイトク)を兼ねそなえ、み仏への信心をもって寺院を外護(ゲゴ)する人格者」を意味します。

 では「外儀」とは何か?
 外側からわかるふるまいが正しく、まっとうなことです。
 では「内徳」とは何か?
 外から見えない心が功徳(クドク)に溢れていることです。
 功徳とは、自他へ幸せや安心などをもたらす清浄な心の影響力です。

 思い出すのは、七仏通誡偈(シチブツツウカイゲ)です。
 これは、お釈迦様以前に悟りを開き仏となられた6人の方々もお釈迦様も共に説かれた教えのことです。
 つまり「仏教徒は何か?」という問いへの普遍的は答となるものの一つです。

「諸悪莫作(ショアクマクサ)…もろもろの悪を作(ナ)さない
 衆善奉行(シュゼンブギョウ)…もろもろの善を行う
 自浄其意(ジジョウゴイ)…自らその意(ココロ)を浄める
 是諸仏教(ゼショブッキョウ)…これがもろもろの仏の教えなり」

 一番目と二番目は外側からわかります。
 よく「あの人は悪いことのできない人だ」などと言います。
 よく「あの人はずいぶん世の中に尽くした人だ」などと言います。
 悪事を避け、善行に励み、周囲から認められ、信頼されるのは尊い生き方です。
 これは、社会人としての道徳の範囲です。
 ここをふまえた上で、もう一段、昇らねば宗教ではありません。
 それが自分で自分の心を清浄にすることです。

 たとえば、〈虫をも殺さぬ顔〉で憎い男を刺したり、〈あれほどの人〉の内心に黒々とした嫉妬や虚栄心が渦巻き、いい年になってから馬脚を顕してしまう場合があります。
 これらは、内心を放逸にした結果です。
 最も難しいのは、過ちを起こさせる二つの根本原因を心から取り除き、浄めることです。
 それが、空(クウ)を忘れたものごとへの執着と、幻の自分にしがみつく自己中心の勘違いです。
 前述の女性と権力者は、うまく世間を渡っていたのに、執着心と勘違いによって人生を崩壊させました。
 真理に合った真実の生き方ができるよう心を浄めない限り、真の安心も喜びも得られはしません。
 真実の生き方ができていれば、たとえ異性からチヤホヤされなくても、さしたる地位や名誉や財産が得られなくても、揺るがぬ安心と喜びに満ちた人生になるのです。
 悟り、仏となられた方々はすべて道徳に合った生活をし、さらには、心から根本的な黒雲を取り除かれました。

 これが「外儀(ゲギ)と内徳」です。
 だから、居士とは、娑婆にあって菩薩(ボサツ)のように生きる人を指します。
 当山で、ご本尊様から生前戒名を授かった方々は、必ず、生き方のどこかが菩薩のようになられるものです。
 亡くなられてから居士と授かった方は、この世では出家しなかったけれども、菩薩としてあの世の旅を続けられることでしょう。
 ちなみに、当山とご縁の方はすべて居士、あるいはその女性版である大姉(ダイシ)と降りています。
 人は皆、み仏の子であり、その真姿が顕れているのでしょう。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ