コラム

 公開日: 2013-12-14  最終更新日: 2014-06-04

引き継がれる意識

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 ダライ・ラマ法王著『傷ついた日本人へ』を読んでいます。

○輪廻には論理性がある(その2)

「逆に仏教では、死後も意識は生滅せず、他の生命の意識として生まれ変わるものと考えています。
 これを仏教では『輪廻(リンネ)』と呼びます。
 死後の肉体は分解されて別の物質となり、新たな生命の素となります。
 これと同じように意識も、新たな生命に乗り換えると考えるのです。」

「輪廻がはこんでいるものは『意識』や『認識』なのですが、私たちが日頃感じている意識はただの『そう思われるもの』であり、輪廻によって運ばれるものとは違います。
 もっと究極的なレベルにおける意識のありようなのです。
 意識はこうして前世から現世へ、そして現世から来世へ、連続して持続していくと考えられています。
 意識は何かから生み出されたわけでも、突然消失するわけでもなく、始まりもなく終わりもなく、常に存在し引き継がれるものなのです。」
 
 この哲学と感覚と信念があり、因果応報を論理として妥当であると判断するからこそ、仏教はこう説くのです。

「悪しきことを行うなかれ
 善きことを行おう
 そして心を清めよう
 これが悟った聖者たちが共通して説くところである」
 
 悪しきことを行えば、それが原因となり、必ず自他へ悪しき結果をもたらします。
 善きことを行えば、それが原因となり、必ず自他へ善き結果をもたらします。
 心が清まれば、自他共に悪しきできごとから遠ざかり、善きできごとに恵まれるようになります。
 誰しもが、悪しきできごとで悲しんだり、苦しんだり、泣いたりするよりも、善きできごとで喜んだり、楽しくなったり、笑ったりする方がいいのです。
 それならば、その道理に従って生きられよう自分の生き方、すなわち心をどうにかするのみです。
 方法の根幹は悪を行わず善を行う清浄な心になることに他なりません。

 そして、肝腎なのは、この因果応報は、この世に生じて滅ぶ肉体によってのみ実現されるのではなく、むしろ、輪廻する意識がこそ、その主体として永遠に因果の糸をつなぎ続けるということにあります。
 この世でやったことは、この世で終わりになりはしません。
 意識が消えないからです。
 意識を染めた善も悪も、必ずしもこの世で結果をもたらすとは限りません。
 また、染まった意識は必ず、この先の世でも、何らかの色に応じたはたらきをするに違いありません。

 では、本当の喜びはどこにあるか?
 古代インドの『マハーバーラタ』に登場する英雄アルジュンの言葉です。

「人生の一瞬一瞬に明白な死の予兆があるにもかかわらず、人の生命の不死を信じ続けることこそ、至上の喜びである」

 不死なればこそ、私たちは、善行に光を感じ、悪行に闇を感じ、太陽に向かって頭を上げ、歩み続けられます。

 ダライ・ラマ法王の言葉です。

「生命は無限である。
 それには始まりもなければ終わりもない。
 よって、行為、カルマ(業…ゴウ)もまた始まりもなく、終わりもない。
 カルマは無限である。
 いわゆる無限大のカルマがあることになる。
 その無限大のカルマの一つ一つが、それぞれ新しい生命を生み出す力を秘めている。」

 ネコも、白鳥も、人間もカルマを持った存在です。
 カルマの大海にいる者同士なのです。
 だから、当山の墓地では、人間もネコも、犬も、同じ敷地内で休めるようにしています。

 私たち一人一人がいかなるカルマをつくるかによって、住む海のありようが変わります。
 この世でも、あの世でも、まっとうに生きたいとは思えませんか?

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ