コラム

 公開日: 2013-12-25  最終更新日: 2014-06-04

科学と仏教の虚空

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈虚空にある無限の宝ものを宝珠によって顕現させる虚空蔵菩薩様〉

 ダライ・ラマ法王著『傷ついた日本人へ』を読んでいます。

○「無のように思われる空間」に迫る

 まず、ビッグバンの前は何もなかったとすればどうでしょうか?

「完全に何もなかったところに、なぜ突然宇宙がはっせいしたのでしょうか。
 何がきっかけでビッグバンほどの凄まじい爆発が起きたのでしょうか。
 そのどれも論理性がなく、因果関係を示すことができません。」

 だから、「完全な無」から始まったとは考えにくい。

「そうなると、この『無』は『完全に何もない状態』ではなく、『何もないように思われる状態』だったのではないでしょうか。」

 ここに二つ目の仮説が生じます。

「二つ目の仮説として、現在の科学ではまだ解明できてない『何か』の物質があった、その『何か』の影響があってビッグバンが生じたのではないか、ということを考えてみます。」

「たとえば、ビッグバンの前の宇宙には非常に微細な粒子があって、それが宇宙の素となった。
 もしくは宇宙中が未知の物質で満たされていて、それがビッグバンを誘因した。
 こうした考え方は、仏教でいう『虚空』に通じています。
 これは『何もない』ように見えるけれど、同時に『あらゆるものを包括している』という状態を示すものです。
 人間の把握できない非常に微細なレベルの自称が実際にはたくさんあり、そのすべてを含めて本質なのです。」

 虚空は、虚空蔵菩薩様の世界です。
「宇宙を意味する『虚空』とはいわば如何(イカ)なることにても破壊すること能(アタ)わざるしかも勝(マサ)れるもの無きを表すための言葉」であり、『蔵(ゾウ)』はすべての人々に利益(リヤク)・安楽与えらる宝を蔵(オサ)めているという事態を表す言葉」です。

「最新の科学でも、『未知の物質』の存在が少しづつ明かされつつあります。
 その研究によれば、宇宙の物質は今の科学では把握できない物質ばかりだそうです。
『何もない』ように見える世界も、それは私たちの狭い認識に過ぎないということです。」

 宇宙には暗黒物質があると仮定されています。
 ウィキペディアによれば、「宇宙にある星間物質のうち電磁相互作用をせずかつ色電荷を持たない、光学的には観測できないとされる仮説上の物質」です。
 しかも、「宇宙全体にどの程度の暗黒物質や暗黒エネルギーが必要なのか、繰り返しシミュレーションが行なわれている。その結果、ダークマターを含めた物質を約30%、ダークエネルギーを約70%にした場合にうまくいくことが確認されている」そうです。

 三つ目の仮説です。

「三つ目の仮説は、『この世界と相互依存しているものがない』ということです。」

 ビッグバンから始まったとされるこの世界と何の関係もない世界が、ビッグバンの前にあったと想定してみるのです。

「たとえば『ここに○○がある』というとき、それを認知する者の存在があり、○○というものを判別できる力があり、なおかつ『それがない』状態との比較ができなければ、その存在を認めることはできません。
 つまり、『この世界にある』ものは、私たちの認知によって存在が認めれたものに限られているのです。
 全ての事象は明らかに何らかの形で世界とつながり、他の事象に依存しているということです。」

「それではもし、この依存関係と全く関係のない、完全に独立した世界があったとしたらどうでしょうか。
 この世界と何ら関係のないものを、私たちが認識することは決してできません。
 確かに存在していても、それが『ある』と把握できないからです。
 こちらからすれば、その世界は『無』の存在ということになります。」

 量子力学の世界では「観測すること自体が対象に影響を与えるため正確な観測ができない」(ウィキペディア)とされています。
 見る者から見られるという状態は、誰にも見られていない状態とは何かが違います。
 原因があれば、必ず結果が伴います。
 そこに生じた〈関係性〉が原因となって見られたものへ結果として変化を起こさせる以上、見られたものは、すでにその時点で、見られる以前の状態にはありません。
 私たちの実生活では、ここまで厳密に客観性を考える必要はありませんが、このように〈私たちと相互依存性のない世界〉はそもそも、私たちにとって、観測することも、確認することもできない〈認識から閉ざされた〉世界です。

 仏教における唯識(ユイシキ)の思想によれば、あらゆる現象は心という鏡に映って認識される以外、私たちにとって存在のしようがなく、鏡の如何によって、映し出される世界は変わるのです。

「仮に由(ヨリ)て我法(ガホウ)と説く。
 種々の相転ずること有り。
 彼は識の所変(ショヘン)に依る。」
(自分も、ものごとも、かりそめにそう名づけられただけである。
 真に認められるのは変化だけである。
 それは心によって生まれ、認識される)

「科学的な見地でも、ビッグバンの前には『全く別の宇宙』が存在したのではないか、という説があります。
 それは今私たちがいる宇宙から完全に独立した、全く別の宇宙のことです。
 前に存在した宇宙の全てが一度無に還元され、それからビッグバンが引き起こされ、今の宇宙が始まったという考えは、決して机上の空論ではなく、最新科学でも検証され続けていることなのだそうです。」

 こうした検証が続くとは、私たちの脳が持つ可能性に嬉しくなります。
 ちなみに、私たちは、虚空蔵菩薩様のこうしたお経を読誦し、感謝しながら生きています。

「宇宙に比すべき大いなる真理と智慧と福徳の無量の法宝(タカラ)を無尽なる蔵の中より取り出して、求(める衆生(シュジョウ)に施され、諸願を成就させ給(タマ)い仏の法(オシエ)の真髄と利益(リヤク)を受ける喜びを与え給(タモ)う」

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ