コラム

 公開日: 2014-02-06  最終更新日: 2014-06-04

寺子屋の教え『実語教・童子教』を考える(その68)─孟宗竹の由来、氷の張らない川─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 江戸時代まで寺子屋などの教材となっていた『実語教・童子教』を読んでいます。
 今回は、孟宗竹という名の由来と、孝子の詩にもなった孝行息子のお話です。

○第一話 孟宗竹の話

「孟宗(モウソウ)竹中(チクチュウ)に哭(コク)すれば
 深雪(シンセツ)の中(ウチ)に筍(タカンナ)を抜(ヌ)く」

『楚国(ソコク)先賢伝(センケンデン)』にあるお話です。
 母親が他界し、孝行息子の孟宗(モウソウ)は、生前とても好んでいた筍(タケノコ)をお供えしたいと願いましたが、時は冬。
 雪深い竹林に筍の姿はなく、ただ泣くしかありませんでした。
 ところが、その悲しみに感応した筍が生えだし、望みは達せられました。
 孟宗はその後、孫皎(ソンコウ)に仕え、司空(シクウ)という官位を得ました。

『孝子伝』にある同様のお話です。
 江夏(コウカ)の国に孟仁(モウジン)という親孝行な息子がいました。
 字(アザナ)は恭武(キョウブ)です。
 いつも母親の大好きな筍を用意していましたが、冬にはどうにもなりません。
 竹林でただただ竹にすがって泣いていたところ、感応した精霊が筍を生え出させました。
 なお、『呉録』によれば、孟仁の元の名は孟宗であったとされています。

○第二話 川に氷が張らない話  

「王祥(オウショウ)歎(ナゲ)きて氷を叩けば
 堅凍(ケントウ)の上に魚(ウオ)踊る」
  
『晋書(シンジョ)』の「列伝」にあるお話です。
 琅邪(ロウヤ)の臨沂(リンキ)に王祥(オウショウ)という人がいました。
 字(アザナ)は休徴(キュウチ)です。
 継母の朱子(シュシ)は子供へ愛情を注げない人でしたが、王祥はいつも父母に孝養を尽くしていました。
 父母が病気になれば、着替えて寝る間もなく湯薬を与えて看病しました。
 生(ナマ)の鯉を食べたいと所望されれば、極寒の中でも衣を脱いで氷に挑み、鯉を求めました。
 その誠意に感応して氷が融け、二尾の鯉が踊り出ました。
 また、口の周りが黄色い黄雀(コウジャク)という雀を炙(アブ)って食べたいと言われた時は、張った膜の中に60羽もの黄雀が飛びこんできました。
 こうしたできごとを目の当たりにした里の人々は、孝行が通じたと驚きました。

 また『傳灯日記故事(デントウキッキコジ)』に孝子の詩が載っています。
「継母人間有(ケイボ、ニンゲンニアリ)
 王祥天下無(オウショウ、テンカニナシ)
 至今河水上(イマニイタルマデ、カスイノウエ)
 一片臥氷模(イッペン、ガヒョウノイカダ)」

(継母は人の世にあまたいるが
 王祥のような人物は天下に二人といない
 今に至るまで、王祥が入った川には
 体温で氷を融かそうとした王祥が横になった形そのままに、氷が張らない)

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ