コラム

 公開日: 2014-02-13  最終更新日: 2014-06-04

ご先祖様から受け継いだもの ─平野歩夢、二山治雄、小保方晴子、ヴァリニャーノ─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 2月11日、冬季五輪において、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、平野歩夢さん(15歳)が銀メダル、平岡卓さん(18歳)が銅メダルという快挙を成し遂げ、世界を驚かせた。
 15歳での冬季五輪メダル獲得は、もちろん、日本人選手として初のできごとである。

 すぐに思い出したのは、2月1日、第42回ローザンヌ国際バレエコンクールにおける松本第一高校2年生二山治雄さん(17歳)の優勝と、横浜市の高校1年生前田紗江さん(15歳)の準優勝である。
 6位にもモナコ在住の加藤三希央さん(18歳)が入り、入賞者の半分を日本人が独占した。

 また、1月29日に行われた理化学研究所の発表も記憶に新しい。
 理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダー(30歳)が万能細胞STAPを開発したのである。
 平成22年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長(50歳)に勝るとも劣らない驚異的偉業である。

 私たちは、ここ半月ほどの間に、科学、芸術、スポーツ各分野において、〈日本人ここにあり〉という成果を目の当たりにした。
 あらためて若い人々の活躍を誇りに思う。
 と、同時に、日本人は、粘り強さ、素直さ、繊細さ、進取の姿勢といった本来の力をそれぞれの持ち場において発揮して行けば、世界に伍してゆけると自信も抱かされた。
 ここにこそ、日本の活路があるのではなかろうか。
 周辺国からいかに理不尽な仕打ちや攻撃を受けようと、物理的防御もさることながら、こうした力を世界に示し、堂々と存在することそのものが最大の国防となるのではなかろうか。

 今から約430年前、イエズス会の東アジア巡察師アレシャンドゥロ・ヴァリニャーノが書いた報告書の一部である。

「人々はいずれも色白く、きわめて礼儀正しい。
 一般庶民や労働者でもその社会では驚嘆すべき礼節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。
 この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、我らヨーロッパ人よりも優れている。」

「国民は有能で、秀でた理解力を有し、子供たちは我らの学問や規律をすべてよく学びとり、ヨーロッパの子供たちよりも、はるかに容易に、かつ短期間に我らの言葉で読み書きすることを覚える。
 また下層の人々の間にも、我らヨーロッパ人の間に見受けられる粗暴や無能力ということがなく、一般にみな優れた理解力を有し、上品に育てられ、仕事に熟達している。」

「日本人の家屋は、板や藁で覆われた木造で、はなはだ清潔でゆとりがあり、技術は精巧である。
 屋内にはどこにもコルクのような畳が敷かれているので、きわめて清潔であり、調和が保てれいる。」

「日本人は、全世界でもっとも面目と名誉を重んずる国民であると思われる。
 すなわち、彼らは侮辱的な言辞は言うまでもなく、怒りを含んだ言葉を堪えることができない。
 したがって、もっとも下級の職人や農夫と語る時でも彼らは礼節を尽くさなければならない。
 さもなくば、彼らはその無礼な言葉を堪え忍ぶことができず、その職から得られる収入にもかかわらず、その職を放棄するか、さらに不利であっても別の職に就いてしまう。」

「日本人はきわめて忍耐強く、飢餓や寒気、また人間としてのあらゆる苦しみや不自由を堪え忍ぶ。
 それは、もっとも身分の高い貴人の場合も同様である。
 が、幼少の時から、これらあらゆる苦しみを甘受するような習慣づけて育てられるからであろう。」

「また彼らは、感情を表すことにははなはだ慎み深く、胸中に抱く感情を外部に示さず、憤怒の情を抑制しているので、怒りを発することは稀である。
 したがって彼らのもとでは、他国の人々のように、街路においても、自宅においても、声をあげて人と争うことがない。
 なぜなら、夫と妻、親と子、主人と使用人は争うことをせず、表面は平静を装って、書状を認(シタタ)めるか、あるいは洗練された言葉で話合うからである。
 それ故、その国から追放されたり、殺されたり、家から放逐されても、平然とした態度でこれを甘んじるのである。
 換言すれば、互いにははなはだ残忍な敵であっても、相互に明るい表情をもって、慣習となっている儀礼を絶対に放棄しない。
 この点について生じることは吾人には理解できぬし、信じられないばかりである。」

「彼らは交際において、はなはだ用意周到であり、思慮深い。
 ヨーロッパ人と異なり、彼らは悲嘆や不平、あるいは窮状を語っても、感情に走らない。
 すなわち、人を訪ねた時に相手に不愉快なことを言うべきではないと心に期しているので、決して自分の苦労や不幸や悲嘆を口にしない。
 その理由は、彼らはあらゆる苦しみに堪えることができるし、逆境にあっても大いなる勇気を示すことを信条としているので、苦悩を能うる限り胸中にしまっておくからである。
 誰かに逢ったり訪問したりする時、彼らは常に強い勇気と明快な表情を示し、自らの苦労について一言も触れないか、あるいは何も感ぜず、少しも気にかけていないかのような態度で、ただ一言それに触れて、あとは一笑に付してしまうだけである。」

「一切の悪口を嫌悪するので、それを口にしないし、自分たちの主君や領主に対しては不満を抱かず、天候、その他のことを語り、訪問した先方を喜ばせると思われること以外には言及しない。
 同様の理由から、相談事において感情に走らない為に、重要な問題については、直接面と向かっては話さず、すべて書面によるか、あるいは第三者を通じて行うことが日本での一般の習慣となっている。
 これは両親と子供、主君と家臣の間はもとより、夫婦の間さえ行われているほどである。
 それは、憤怒や反駁、異議の生じる恐れがある場合には、第三者を通じて話し合うことが思慮深いと考えられているからである。
 かくて日本人の間には、よく一致と平穏が保たれる。
 子供の間にさえ、聞き苦しい言葉は口に出されないし、我らのもとで見られるように、平手や拳で殴り合って争うということはない。
 きわめて儀礼的な言葉をもって話し合い、子供とは思えない重厚な、大人のような理性と冷静さと落ち着いた(態度)が保たれ、相互に敬意を失うことがない。
 これはほとんど信じられないほど極端である。」

 私たちは、ご先祖様からこうした血と心を受け継いでいる。
 しっかりと、忍耐強く、分を尽くしきりたいと思う。
 ──力を示しつつある若い人々のように。

 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ