コラム

 公開日: 2014-02-16  最終更新日: 2014-06-04

脳死状態での出産に想う

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈雪のふりしきる玄関前でネコ用の餌を待つスズメ〉

 2月12日、時事通信社は、カナダ在住の女性が脳死状態ながら無事、男児を出産したと報じた。
 以下、その転載である。

「昨年12月末に妊娠22週目で倒れ、脳内出血による脳死と判定されたカナダの女性が8日夜、男児を出産した。
 女性は出産するまで生命維持装置によって延命されていたが、出産の翌日、装置が外され、死亡した。夫が10日、ブログで発表した。

 ディラン・ベンソン(Dylan Benson)さん(32)は、妻のロビン(Robyn Benson)さん(32)の身に起きた不幸と、息子の出産に向けた準備をブログでつづっていた。

 ブリティッシュコロンビア(British Columbia)州ビクトリア(Victoria)の病院の医師らは妊娠34週目まで出産を待とうとしていたが、8日夜、妊娠28週目に帝王切開で男児の出産を行った。

 出産後、医師らはロビンさんの生命維持装置を外し、ロビンさんはまもなく死亡した。
『9日、残念ながら、私が出会った中で最も強く、最もすてきな女性に別れを言わなければならなかった』
『言葉で表現できないほどロビンが恋しい』
と、ディランさんはブログで語った。

 ディランさんのブログは世界中の人々に読まれ、息子の医療費のために15万2000カナダドル(約1400万円)の寄付金が集まった。
 ディランさんは、息子は早産ではあるが健康だと述べ、集中治療室で赤ちゃんを抱いた写真を公開した。
 写真に付けられたタイトルは『心の底から悲しい、だがとてつもなく誇らしい』だった。」

 途中のブログである。

「かたや息子に会うのが待ちきれず、彼に可能な限り最高の人生を与えてあげたい、彼にとって素晴らしい父親になれるように全力を尽くそうと思う。
 一方で、息子が生まれる日、あるいはその次の日が、ロビンにさよならと言わなければならない日なんだ。
 心の底から彼女が恋しい」

 病院の広報担当者は嘆息した。

「もうすぐ母親になる人が脳死状態で、生命維持装置を付けているという状況はまれな悲劇だ」

 悲劇を乗り越えた母体の力に圧倒されると共に、消えない疑問がまた、浮かんでくる。
 こうして新たな生命を誕生させもする脳死は、本当に〈死〉なのだろうか?
 現に、ロビンさんは、出産を待たれるがゆえに、〈死体〉として扱われなかったではないか。
 私たちは、生きている人の都合によって、生命活動が行われている人体を、これは生体、これは死体と分けてよいのだろうか?
 私たちは、いのちある人体を、死んだことにして切り刻む資格があるのだろうか?
 もはやほとんど議論されなくなった脳死について、「密教21フォーラム」の公式サイト『エンサイクロメディア空海』から転記しておきたい。

 哲学者梅原猛氏である。

「生きているとしか思われない温かい人間の臓器を利用するこの医学はどこかにおぞましいものを秘めている。
 移植医学には、人の命を救うためにはそういうおぞましいこともあえて行うのであるという倫理的決意が必要である。
 そういう決意なしに移植が安易に行われるとき、やがて日本でも、海外で行われているといわれるように、臓器を売ってテレビを買ったなどということが起こるかもしれない。」

 弁護士原秀男氏(故人)である。

「脳死状態になった患者は、顔色がよく、静かに眠っているように見えます。
 お棺の中の顔とはちがいます。死相がありません。
 汗をかきますし、涙も出します。排尿、排便もします。
 時々動きます。だから、私は、脳死者は『生きている』と思います。
 集中治療室では、医療手段がなくなっても、脳死患者を死体にしないで看護を続けております。
 私はこれを見て、お医者さんと看護婦さんに合掌して部屋を出ます。」

 かつて、政府の「脳死臨調」で前例のない激論が戦わされた。
 梅原氏などの少数派は最後まで「脳死を死とせず、臓器移植を本人の意思にすべき」と主張した。
 これ以外の決めようはなかろうと思えるが、今は、脳死の人を〈死んだ人〉として扱い、本人の意志によらずとも〈温かい臓器〉が取り出されている。
 現場を想像して〈おぞましさ〉を感じなくなった時、私たちの倫理は成り立ち得ようか?
 善意はオールマイティなのか?
 この世にあるものは何でも、知恵をはたらかせて便利に役立るのがよいことなのだろうか?

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ