コラム

 公開日: 2014-02-17  最終更新日: 2014-06-04

親から授かる清浄な祈りのこもった姓名、清浄なみ仏の世界へ帰るためにみ仏から授かる戒名

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 ご夫婦が飛びこんで来られた。
「母が急に亡くなりました。
 どうしても、明日には火葬せねばならなりません。
 何とかして安心させたいのですが、どうすればよいでしょうか?」

 毎日、予定表に従って法務をこなしており、ご予約のない打ち合わせはなかなかできないが、ことは緊急事態である。
 ほとんど立ち話同様で、以下のとおりに決まった。
 今日も明日も時間がとれないので、今夜、引導を渡し、出棺と火葬の修法も併せて行い、明日はご家族だけで斎場へ行っていただき、帰りに当山へお骨を預かりに来られる。
 お戒名は、夜までにご本尊様から授かっておく。

 夜になり、お戒名を手に、葬祭会館へ駆けつけた。
 一連の修法が終わり、着替えてお茶を一服、いただく。
 帰ろうとして席を立ったところへ、故人と同居していた喪主様が来られた。
「何のご挨拶もできないままに、すっかりお願いしてすみませんでした。
 子供の頃からとても複雑な人生を歩んできた母なので、私としては戒名に入れていただきたい文字がありましたが、申しあげられませんでした。
 でも、その文字が入っており、母はようやく救われたと確信しました」

 先ほどお渡ししたばかりの戒名授与の証書には、その文字を含む熟語についてこう書いたはずだ。
「故人が最も求められた境地です」

 別のお子さんも泣きながら言われる。
「先に逝った父が迎えに来ている感じを受けました。
 そして、こう言って母の手を引いていったような気もしました。
『お前は自分の苦労をグチることもなく、全部、一人で抱えたまま黙って耐えていたが、ご住職様にはわかってもらえたね。
 さあ、行こう』」
 お二人とも、そしてその伴侶も、もう還暦を過ぎた方々である。
 4人の涙と喜びの入り交じったお顔を胸に、心で合掌したまま帰山した。

 この世に生まれる赤ん坊が自分で自分の名前をつけられますか?
 この世の迷いや穢れを離れ、戒律が実現している清浄なあの世へと住まいを変える御霊も同じです。
 その存在を特定するお戒名は、あの世の親であるみ仏にお任せする以外、受ける方法がありましょうか。
 他の方法がないからこそ、一行者である導師はご本尊様へ祈り、お戒名を授かり、仲立ちとしてお伝えするのです。
 2500年かけて仏法の叡智を注ぎ込み磨き上げた結晶である正統な修法に従い、ご本尊様からいただく戒名には、人智を超えた救済という真実があります。

 もちろん、当山は、お戒名の強制をしません。
 プロから現場の話を聴きたいという方のお求めがあれば、血肉となっている真実をご説明申しあげ、どうされるかは皆さんへお任せします。
 ご依頼があれば、お戒名のある方も、ない方も一切の差別も区別もなく引導を渡し、み仏の世界へお送りします。

 お戒名は、決してお金で〈買う〉ものではなく、お寺から〈強制〉されるものでもありません。
 この世に現れた子供が親から清浄な願いのこもった名前をいただくのと同じく、み仏の子である私たちは、み仏から清浄な世界にふさわしい名前を授かり、帰って行きます。
 この一首は、お大師様が弟子の智泉法師様を送られた時のご心境です。

「阿字(アジ)の子が、阿字の古里立ちいでて、また立ちかえる阿字の古里」

(大宇宙の根源である大日如来様の世界からこの世へ修行の旅へとやってきた子供は、修行が終わるとまた、根源の世界へ帰ってゆく)

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ