コラム

 公開日: 2014-02-28  最終更新日: 2014-06-04

柔軟な心と探求する心(仏法による救われ方) ─3月の聖語─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






〈『七ツ森の湯』は順調です〉

 お大師様は病気について説かれました。

「家へ帰るには必ず、乗り物や道によらねばならず、病気を治すには必ず薬や処方箋による。
 病気の原因はとても多いので、薬や処方箋も一種類ではない。
 家へ帰るにも遠かったり近かったりして、道も乗り物もさまざまである」

 以下が原文です。

「それ宅に帰るには必ず乗道(ジョウドウ)により、病を癒すにはかならず薬方による。
 病原巨多(コタ)なれば、方薬非一(ヒイツ)なり、己宅(コタク)遠近(オンゴン)なれば道乗(ジョウドウ)千差(センジャ)なり。」

 私たちの人生はそれぞれ異なっており、そこに生ずる問題も多種多様です。
 だから、過去の因縁に悩む人へは千手観音様が、好みに引きずられて人生を誤りそうな人へは大日如来様が、あるいは死に神に取り憑かれた人へは不動明王様などが救いの手を差し伸べてくださいます。
 私たちは、そのお智慧に導かれ、至心にその真言を唱えてお救いいただくのです。

 ここでは、多種多様な問題へ対応する際の、柔軟な姿勢の大切さが説かれています。
 転じて、多種多様な仏神を感得できる私たちの心のありようと、守本尊様方の救済が一様ではないことを考えさせられます。

「四百もある病いは、地・水・火・風の四つに狂いが生じて身体を苦しめ、八万もある患いは、貪り、怒り、愚かさの三つが心を害して起こる。
 身体の病気はいかに多いと言っても、その根本原因は、骨格・血液・体温・呼吸の不調と、悪霊(アクリョウ)などの祟りと、悪業(アクゴウ)の報いの六つに絞られる。
 心の病気はいかに多いと言っても、その根本原因は、真の智慧がない無明の一つに絞られる」

 以下が原文です。

「四百の病は四蛇(シジャ)に由(ヨ)って体を苦しめ、八万の患(ワズライ)は三毒に因(ヨ)つて心を害す。
 身病(シンビョウ)多しといへどもその要は唯(タダ)し六つのみ、四大(シダイ)鬼業(キゴウ)これなり。
 心病(シンビョウ)衆(オオ)しといへどもその本は唯し一つのみ、いはゆる無明(ムミョウ)これなり。」

 身体的な病気の原因をつきつめて行けば、骨折など骨格に関する問題・血糖値が上がるなど血液に関する問題・発熱など体温の問題・喘息など呼吸の問題に収斂します。
 加えて、悪霊など目に見えない悪意の力や、不注意な飲み過ぎなど、身体に悪い結果をもたらす原因を自分がつくってきたことも挙げられます。
 精神的な病気の原因をつきつめて行けば、足を知らない貪り、忍耐力に欠ける怒り、自己中心的で勝手な愚かさによって起こる懊悩になりますが、それらはすべて、因果応報や空(クウ)などの真理に気づかないでいることから生じています。

 ここでは、多種多様な問題へ対応する際に、目先の対応だけでなく、根本原因をきちんと押さえておくことの大切さが説かれています。

 仏法は医療と同じく、治療法と予防法を持っています。
 治療には、症状に合った診察と処方箋と施薬などが必要となり、予防には、心身のありようと上手なコントロール法を学ばねばなりません。
 たとえば、不登校になってしまえば、必ずしも当校せずに回復を目指すとしても、普段は、当校を〈為すべきこと〉と強く自覚して、怠け心を克服する姿勢が欠かせません。
 仏法も又、当病平癒や入試合格や厄除け開運などを至心に祈る一方で、因果応報をきちんと観たり、すべてが移ろいゆくさまに無常や空を感得したり、説法に接するなどして真理に気づき、右往左往せず、誰かのためになる穏やかで思いやりのある心をつくって行く、二つの方向で人生の柱とも杖ともなります。
 おすがりするだけでなく、知識を蓄えるだけでなく、純粋な信仰による救済と、勉強や修行による生き方の確立と、二つを目ざしたいものです。

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ