コラム

 公開日: 2014-04-13  最終更新日: 2014-06-04

広島や卵食ふとき口ひらく ―西東三鬼の戦慄―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈「譲り合って楽しい参拝」が嬉しい岩手県内の神社〉

 昭和22年、47才の俳人西東三鬼は詠んだ。

「廣島や卵食ふとき口ひらく」

 原爆が落とされた翌年、ある夜に広島駅へ降り立ったのである。

「白く骨立した松の幹に私は広島の姿をみた。
 未だに嗚咽する夜の街。
 旅人の口は固く結ばれてゐた。
 うでてつるつるした卵を食ふ時だけ、その大きさだけの口を開けた。」

 広島の気配に作者はもう、口を開けない。
 ただ、宿で食事に出た卵を口にしようとした時に、卵の大きさだけパックリと開いた。
 口を開いたという動かしようのない事実によって、物言わぬ街の真実も又、現実として、作者の前に相貌を見せ始めたのではないか。
 同時期の句である。

「廣島の夜陰死にたる松立てり」
「廣島の遠き聲どつと笑ふ」
「廣島に黑馬通り闇うごく」

 死んだ松は、いのちを失ってなお、いまだ、立つことによって存在している。
 闇の奧から何者かの哄笑が上がり、風のように作者の耳へ届き、いっときの存在となった。
 焦げたままの馬が闇に溶け込みながら来たり、去る気配が確かに存在した。
 一気に死の世界へ反転させられたものたちは、まだ、そこに存在している。
 ここにあるのは、口を閉じて感得できた世界である。

 それら全体が、自分の口を開けることによって一気に作者の存在へとなだれ込んだのではないか。

 救いはある。

「廣島に林檎見しより息安し」

 この林檎は生きた世界のものであろう。
 いのちの息吹に触れ、自分の息にも生気が戻ってきた。
 息安しはきっと、〈生き易し〉へ通じているのだろう。

 4月12日、核兵器を保有しない12カ国による「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の全体会合が広島市で開催され、「核兵器なき世界」の実現をめざす広島宣言が採択された。
 議長を務めたのは岸田文雄外相である。
 外相会合では、日本赤十字社長崎原爆病院の朝長万左男院長などがまとめた原水爆投下による被害シミュレーションに関する研究結果が披露された。

○現代の100万都市に爆発力1メガトンの水爆が落とされた場合
・即死…37万人
・負傷…46万人

○現代の100万都市に広島型原爆と同じ16キロトンの原爆が落とされた場合
・即死…6万6千人
・負傷…20万5千人

「核兵器の爆発はいかなる状況においても耐えられない非人道的結末をもたらすことになる」としている。

 故山本健吉は予言した。
「広島の句が、原爆投下後二年目の作だと知らぬ後の世の読者には、これはもう通じまい。
 三鬼の作意を受取ることができなくなったら、この句の価値は消滅しよう」

 予言の当たらぬことを願い、書き留めた。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ