コラム

 公開日: 2014-04-19  最終更新日: 2014-06-04

渥美清の寅さんに観る本ものの愛 ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(23)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 平成6年、ジャーナリスト大谷幸三氏は、インドのダラムサラにおいて、ダライ・ラマ法王への質問を数日間かけて行い、回答をまとめた。
 それがテキスト「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」である。

第四章 愛と慈愛、そして性愛

1 真実の愛

○〈他〉も〈我〉と同じ幸福を享受する権利がある

「真実の『愛』は大いに異なる。
 真実の愛は〈他〉もまた自己と同様に、人間であり、一個の存在であることを認めるところから生まれる。
〈他〉もまた〈我〉となんら変わることなく、幸福を願い、痛苦を厭(イト)い、苦しみを克服し、平安を獲得したいと願う、生きとし生けるものである。
 これはひじょうに大切なことだ。
〈他〉もまた、〈我〉と同じ幸福を享受する権利を有している。」

 法王は、前項において、愛が憎しみへと変化する理由をし指摘し、そうした愛はねじれた愛であると説かれた。
 通常、私たちが感じる相手への親近の情(日常的に愛と呼ばれるもの)は、自分の好みによって相手を自分へつなぎとめたいという自分主体の欲望から発する場合が多い。
 自分の思いが満足させられれば相手への親近の情が高まって愛していると感じ、思い通りに満足できない状況になれば、不満が憎しみを生んでしまう。
 法王は恐ろしい言葉でその真実を衝いた。
「他者は『私』の、いわゆる愛のために存在するにすぎない。」

 そこで、この項では「真実の『愛』」を説く。
 他者もまた、自分と何ら変わることのない一人の人間であり、自分が相手へ親近の情を持って心がときめき、潤うのと同じく、誰かを相手として同じく心が動く存在である。
 幸福になりたいし、不幸にはなりたくないのである。
 この真実に心から納得できれば、自分なりの〈好き嫌い〉のみを主人公にして相手へ接することの愚かさに気づく。
 同じ人間である相手が、相手なりの〈好き嫌い〉を感じながら自分に接して何の不思議があろうか。
 自分のそれと相手のそれとがすれ違いになった場合に、自分の感情のみを優先して相手を抱擁したり、蹴飛ばしたりする理由はどこにもない。
 自分がここにいるのとまったく同じように、相手はそこにいる。
 このことを客観的に眺められず、自己中心的な視野の中で愛と憎しみに右往左往する状態を、法王は「無知の上に現れる愛の形態」と呼んだ。

「ここから〈他〉、愛の対象への一体感、親近の情、〈他〉への本物の関心が育まれる。
 こうして現れるものが真実の愛である。
 たとえその〈他〉の態度、姿勢が受け容れがたいものであったとしても、そして、その〈他〉があなたに対して敵意に満ちた行為に出る仇敵であったとしても、あなたの心には、その〈他〉への思いやりの念が残されているはずだ。
 なぜなら、それでもなお、その〈他〉は人間であるあらである。
 彼はあなた自身と同様に、幸福を享受する権利を有する人間である。
 こうしたことに思い至ることこそが、真実の関心、思いやりを生み出す基盤になるであろう。
 その相手が友であるのか敵であるのかを問わない、まっすぐな愛はここから生まれるであろう。
 この基盤の上において、あなたはあなた自身が願うのと同様に、痛苦を克服し、幸福を獲得する〈他者たち〉への愛を育むことができるはずである。」

 法王は、自己中心的ではない「〈他〉への本物の関心」から「真実の愛」が顕れると指摘する。
 思慕する人の思慕が自分へ向かおうと、向かうまいと、心から幸せであって欲しいと願えるならば、真実の愛と言える。
 すぐに思い出されるのは、渥美清が演じた寅さんである。
 好意を持つ相手の好意は、せいぜい、〈そこそこ〉にしか自分へは向けられず、その主たる好意が他の男性へと向いたりするが、それでもなお、相手のためにならずにはいられない。
 渥美清がこうした微笑ましく、哀しく、愛おしいキャラクターを演じた、ほぼワンパターンと言える『男はつらいよ』シリーズは、他に代えようのない主演者渥美清が死ぬまで作られ続けた。
 私たちは、彼が演ずる寅さんの姿を観て、人を思慕し人に尽くすまこごろ、それがたとえ報いられないとわかっていても尽くさないではいられない純情の美しさに涙した。
 彼は日本人に流れる情緒を背景に「〈他〉への本物の関心」と「真実の愛」を演じきった希有の俳優だったのではなかろうか。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ