コラム

 公開日: 2014-04-30  最終更新日: 2014-06-04

幸福な人間を目ざす ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(27)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈『自然墓』のかたわらに……〉

 平成6年、ジャーナリスト大谷幸三氏は、インドのダラムサラにおいて、ダライ・ラマ法王への質問を数日間かけて行い、回答をまとめた。
 それがテキスト「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」である。

第四章 愛と慈愛、そして性愛

2 内心の動き

○内的な心の働きが、人生の本質を問う答えとなる

「感情は心の動きである。
 感情はその人の心理的な傾き具合に大きく左右される。
 より深く人を愛せる、より強く人を思いやられる、そんな心の傾きを有する人は、より親密な友情を育むことができる。
 より堅い信頼関係を築くことができる。」

 私たちはいかなる「心理的な傾き」を持っているか?
 自分の損得や好き嫌いなどにしか関心がなければ、他者への思いやりや、社会との連帯感や、自然との一体感などが持ちにくい。
 他者と自分とは同じ人間同士であるという意識、自分は社会内の存在であるという認識、自分のいのちは自然の一部であるという気づきがあれば、感情は優しく、温かくはたらく。

「愛情、思いやりといった感情は、われわれ人間が誰でも内部に秘めている小さな扉を開ける働きをする。
 その扉を通って、われわれは外界に出て行き、広々とした空間において、われわれの仲間である幾多の人と交わり、親しみ合うのだ。」

 感情が優しく、温かくはたらく時、外界は親しいものとなり、他者との滑らかな交わりが自然に起こる。
 
「このような感情が働きかけるのは、なにも人間に限ったことではない。
 動物とも安らぎに満ちた交わりができるであろうし、動物たちもそれを喜んで受け容れるであろう。
 このような内的な心の働きが人生の本質を問う質問に対する、より重要な答えとなるはずなのだが、ともすればわれわれはそれを忘れ、無視しがちになる。
 つい人間は、外的な要因の中に人生の回答を求めようとする。」

 働き手として飼ったり、食用として育てたりする場合は別として、動物が家族としてこれほど人間と親密な生活を共にする時代はなかったのではないか。
 動物との「安らぎに満ちた交わり」がこれほど大きな救いとなる時代があったとは思えない。
 私たちは、人間を相手にして得られにくい心の宝ものを動物たちからもらう。
 財欲や名誉欲などに駆られ、自分が外から何を得、外へ何を誇ろうと、「人生の回答」は見つからない。

「憎しみ、恐れ、寂しさ、絶望、自己猜疑といった不幸をもたらす感情は、同じカテゴリーに属するものである。
 誰も不幸を求めたりしないはずだ。
 それと対極に位置する、幸福な人間の社会をもたらす、心の平和、自信、友情、調和などといった感情を自分のものとすべく努力するはずだ。」

 自分が不幸を求めず、幸福を求めるように、〈誰しもが〉不幸を厭い、幸福でありたいと願う。

「まず、《他者》の権利を尊重せよ。
 そして、自己の権利を、《他者たち》との関係の中で調整せよ。
 仮にその《他者たち》がわれわれの敵であったとしても、共存する至上の目的のため、彼らの権利を認めよう。
 それが現実的な態度と言うものだ。」

 お釈迦様の前世(ゼンセ)物語がある。
 お釈迦様は、地獄で苦しむ亡者たちへ大皿に盛った食べものと長い箸を与えた。
 我先にと食べようとするが、長いために自分の口へ入れられない。
 騒ぎの中で、老賢者がハッと気づいた。
 互いに食べさせ合えばよいのである。
 ダライ・ラマ法王の説く「現実的な態度」とは、このことではなかろうか。
 人はどうあるべきかという「人生の本質」への問いは、ここに回答が示された。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ