コラム

 公開日: 2014-05-01  最終更新日: 2014-06-04

健全な欲望と否定されるべき欲望 ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(28)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 平成6年、ジャーナリスト大谷幸三氏は、インドのダラムサラにおいて、ダライ・ラマ法王への質問を数日間かけて行い、回答をまとめた。
 それがテキスト「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」である。

第5章 欲望について ―快楽と至福の喜びはどう違うのか

1 幸福の追求

○欲望は行動の原理である

「欲望について語ろう。」

 恐らくは、多くの方々が、最も仏教へ解決を期待し、一方で、仏教に対する最も大きな誤解の元になっているのが「欲」の問題である。

「欲望といっても、それは他の人間の諸感情と等しく、健全な欲望もあれば否定されるべき欲望もある。
 欲望は、ときとして物事を推進する力になりうる。
 まったく欲望のないところに行動はない。
 行動がなければ進歩もない。
 したがって、欲望とは行動を動機づけるものであり、行動の主たる原動力である。」

 ダライ・ラマ法王は、欲そのものを否定せず、「健全な欲望」と「否定されるべき欲望」とに分ける。
 いのちを燃やす機関車の燃料である欲は、極楽行きのレールを走らせる場合もあれば、地獄行きのレールを走らせる場合もある。

「しかし、無知と結びついた欲望は恐ろしい。
 これは、ある種の悪しき本性とも言うべきものである。
 それとは逆に、知性とともにある欲望、誠意ある動機と結合した欲望は、人をしてまっとうな道を歩ませるものとなる。
 これら両者の違いを明白にしておくことは言いようもないほどに大切なことである。
 これは存在そのもの、生きと生ける人間の魂の問題それ自体である。
 人間が欲望とともにあるとき、強固なる存在としての自己が要求されることを知るべきだ。
 それなしには、われわれは意志の力を身につけることができない。
 それなしには、心の中に自信を育むことができない。」

 知性によってコントロールされるかどうかで欲のはたらきかたが違い、放置されれば「悪しき本性」として人生を狂わせ、制御されれば「まっとうな道を歩ませる」。
 ここは、人間存在の根幹にかかわる重大なポイントである。
 欲があればこそ「意志の力」と「自信」が生まれ、風雨に負けず、道を見失わずに人生を歩める。

「意志の力と自信がなければ、われわれがいかなる行動を採ろうと必ず失敗する。
 これらに裏打ちされた楽観的な精神が、人類の進歩、発展のためには必要となる。
 自信、決意、これらは物事を行ううえで決定的な役割を果たす。
 したがって、強固なる自己の意識は誰もが保持しなければならないものである。」

 ホレス・パーランというアメリカのジャズピアニストがいる。
 ポリオの影響で右手の2本がうまく使えず、8本の指のみで黒く、野太い、ジョルジュ・ルオーの絵を思わせる世界を創り出す。
 決定的なフレーズと絶妙の間(マ)が、木綿の布を織るようにグイグイと音楽を紡ぐ。
 特に『US THREE』などは、そうある以外にはいかようにもあり得ない完全な結晶体を思わせる。
 そこへ導いたのは、きっと「楽観的な精神」だろう。
 自分が〈こうある以外にない〉と思えるところに立てば、悲観は決して生じない。
 あとはやるのみであり、ことは極めてシンプルだ。
 その先に「決定的な」名作が生まれた。
 ちなみに、私は加齢と疾患により、声明(ショウミョウ…音楽的に唱える経文)が以前のようには唱えられなくなってきた。
 しかし、まだ諦めないのは、自分なりに工夫した間(マ)のとりようによって、声明が現出させるべき異界を今までどおりに招来できるからである。
 オスカーピーターソン風の華やかな演奏はできずとも、達人アーマッド・ジャマルをめざしたホレス・パーランのように、「楽観的な精神」でやれるところまでやりたいと願っている。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ