コラム

 公開日: 2014-05-10 

見る目と観える目 ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(33)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈ペット供養墓『一心』〉

 平成6年、ジャーナリスト大谷幸三氏は、インドのダラムサラにおいて、ダライ・ラマ法王への質問を数日間かけて行い、回答をまとめた。
 それがテキスト「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」である。

第6章 宇宙の法則 ―大宇宙の真実が語りかけるもの―

1 時間の概念

○自然の法則の一切が、空(クウ)の中に含まれる

「自然界の話をしよう。」
 
 前章では、生きものとして必ず兆してくる欲望を適切に生かすための方法として、私たちが他者との関係性の中でしか生きられないという真実、生かされているという真実を観ることの大切さが説かれた。
 ここでは、そうした他者を含む現象の世界、私たちがたった今〈いる〉この世界を考える。
 それを「自然界」と言う。

「自然現象、宇宙に生起(ショウキ)し、消滅し、繰り返す、この世界に起こることどものことである。
 仏教的宇宙観から眺めると、究極の事実、あるいは究極の事象と呼ぶべき、われわれが遭遇する現象を捉えようとするとき、それがわれわれに対して現れた現れ方と、実際にそのものがある『有り様(サマ)』との間には、埋めがたい大きな溝がある。」

 仏教は何よりもまず〈観る〉宗教である。
 何を?
 現象世界の真実のありようを。
 何を用いて?
 心眼と道理を用いて。
 どうやって?
 見え、聞こえ、香ってくるもののペースに乗せられず、そうしたことごとが起こり、消える様相の全体を直感的に把握する精神状態をつくることによって。

 お釈迦様が、成道(ジョウドウ…悟りの成就)をされる直前、魔ものたちがありとあらゆる強迫と誘惑で妨害する。
 しかし、明けの明星が現れるのを待っていたかのように魔ものたちはすべて退散し、お釈迦様は一夜にして悟られた。
 これはいかなる状況か?

 凡夫としては、乳が欲しい、食べものが欲しい、オモチャが欲しい、友人が欲しい、服が欲しい、異性が欲しい、家族が欲しい、財産が欲しい、称賛や名誉が欲しい、思うがままにする権力が欲しい、妨げられない眠りが欲しい、いつまでも生きていたい、あるいは死んで楽になりたいといった欲望、一生のうちに現れるすべての欲望を体験されたのだろうと想像する。
 それが、ダライ・ラマ法王の説く「われわれが遭遇する現象を捉えようとするとき、それがわれわれに対して現れた現れ方」である。
 私たちが「遭遇する」現象は、欲望を引き出すきっかけとしてしか現れない。
 お釈迦様は、真理真実をつかもうとする不動の決心によって欲望を引き出されない境地に至り(これが魔ものたちの退散)、「実際にそのものがある『有り様(サマ)』」を観た。
 これが悟りである。
 だから、お釈迦様は悟られた当初、ご自身の法楽に憩うのみであり、説法などは考えもしなかった。
 梵天(ボンテン…インドの最高神)に説法を勧請(カンジョウ…請い勧めること)されたおりに断ったのも、見聞きするものに欲望を引き出されつつ生きる人々が、欲望を引き出されない世界を理解できるはずはないと考えたからである。

「わたしのさとったこの真理は深遠で、見がたく、難解であり、しずまり、絶妙であり、思考の域を超え、微妙であり、賢者のみよく知るところである。
 ところがこの世の人々は、執著のこだわりを楽しみ、執著のこだわりに耽り、執著のこだわりを嬉しがっている。」
「わたくしが理法を説いたとしても、もしも他の人々がわたくしのいうことを理解してくれなければ、わたくしには疲労が残るだけだ。
 わたくしには憂慮があるだけだ。」

 しかし、梵天は二度、断られてもなお、救いを待っている人がいる、理解できる人がいると訴え、三度目に至りお釈迦様はついに説法を決意する。
 ダライ・ラマ法王が指摘する「埋めがたい大きな溝」を埋める新たな難行に挑んだのである。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ