コラム

 公開日: 2014-06-02  最終更新日: 2014-06-04

過去と未来はどこにあるかのか?現在は? ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(36)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 平成6年、ジャーナリスト大谷幸三氏は、インドのダラムサラにおいて、ダライ・ラマ法王への質問を数日間かけて行い、回答をまとめた。
 それがテキスト「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」である。

第6章 宇宙の法則 ―大宇宙の真実が語りかけるもの―

1 時間の概念

○独立した時間などない

「すべては変転し、常に一所に止まることがない。
 静止したものなど存在しない。
 それは自分自身の心の中に何かを思い描けばよくわかる。
 具体的に想起できるものはすべて、動いている現在という概念に乗っている。
 継続的に動いているから現在である。
 過去とは思い出、記憶でしかなく、未来とは空想でしかない。
 両者はともに静止しているが、それらは感覚の世界に属している。」

 ありとあらゆるものは、変化の相にある。
 この世全体が無常であり、空(クウ)である。
 私たちは山を眺めて、武田信玄の軍旗「動かざること山の如(ゴト)く」だなあ、などと思うが、実際は、山の表面で育ち、朽ちる植物や、生き死にする動物はもちろん、山を形成する大きな岩や土砂であっても必ずどこかが変化している。
 有名な鴨長明の『方丈記』を思い出すまでもない。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
 よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
 世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。」

 私たちは「~川」として一本の川を表現するが、川に流れている水は一瞬たりとも、とどまりはせず、目の前を流れる水は一瞬前にあった水ではない。
 淀んだ部分に浮かぶ水の泡もまた、浮かんでは消え、また浮かんでは消えし、そこにあり続けはしない。
 世の中の人も家もまた、生まれては死に、死んでは生まれ、建てられては壊れ、また新しく建てられ、ずっと生きている人がいなければ、ずっと建ち続けている家もない。

 外を眺めるだけでなく、心の中を観ても同じである。
 目覚めて「朝がきた」と思う。
 それは、〈現在〉、そう思っているということである。
 お昼になれば、「ああ、お昼だ」と思う。
 それもまた、その〈現在〉に、そう思っているということである。
 今朝も〈現在〉だったが、お昼になった今も〈現在〉である。
 歯を磨き、顔を洗い、トイレへ行き、朝飯を食い、服装を整えて電車に乗り、職場へでかけ、仕事をしてきて12時を迎えるまで、そのように、その時点その時点の〈現在〉をずっと重ねてきて、今の〈現在〉がある。
 つまり、〈現在〉は「継続的に動いている」のだ。
 今現在、今朝は「パンをかじっただけだった」と思い出すところにしか過去はなく、今現在、「今夜はおちついて飯を食おう」と空想するところにしか未来はない。
 つまり、過去といい、未来といっても、今現在、そう思われるだけであり、そうした時間をつかまえることもできないので、法王は「両者はともに静止しているが、それらは感覚の世界に属している」と説かれた。
 
「さらに、現在もまた感覚である。
 そのため、ここには乗り超えがたい矛盾が存在することになる。
 外的な基準によれば現在はなく、内的な基準によっても矛盾が生じる。
 不必要に話を混乱させることは避けよう。
 ただここでは、独立した時間などないということを知ればいい。」

 お昼になったので「今から昼飯を食おう」と考える間にも、今としてあるはずの〈現在〉は消えてゆき、食堂へゆこうとイスから立ち上がった時にはもう、はっきりと〈現在〉は別ものになっている。
 私たちは今という〈現在〉を生きていると思っているが、その今すらも、瞬間瞬間に、意識という見えない世界で生まれては消える感覚でしかない。
 このことを「現在もまた感覚である」と説かれた。

 外界のありとあらゆるものが変化し続け、固定した〈現在〉はどこにも見出せない。
 前段では、今朝や今夜といっても、〈現在〉に生ずる記憶や空想であり、過去も未来もつかまえどころがないことを知った。
 今度は、今という意識上の〈現在〉そのものも、どこにあるとも確定できないことを知った。
 つまり過去も未来も、そして現在までもが、一瞬に一瞬に生まれては消える〈感覚〉なのである。
 こうした生と心の現実にあっては「独立した時間などない」と言うしかない。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ