コラム

 公開日: 2014-06-09 

寺子屋の教え『実語教・童子教』を考える(その73)─お墓に松柏を植えた話―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈「ウサギ野仙哉」君(松尾佳央理さん画)の新作です〉

 江戸時代まで寺子屋などの教材となっていた『実語教・童子教』を読んでいます。
 今回も、親孝行の心が動物たちに通じたお話です。

○許孜(キョシ)の故事

 これは、中国の『氏族排韻(シゾクハイイン)』にあるお話です。

 晋の時代、東陽に許孜(キョシ)という孝行息子がいました。
 字(アザナ)は季義です。
 とうとう両親を送り終え、身はやつれ、骨もぼろぼろになりながら一生懸命に土を運び、墳墓を造り、松柏を植えました。
 ところが、一頭の鹿がやってきて、樹木をメチャクチャにしました。
 精根尽き果てた許孜が嘆き悲しんでいたところ、翌朝、その鹿は猛獣に襲われて死にました。
 後に、その里を孝順里(コウジュンリ)と呼ぶようになりました。

「許孜(キョシ)自ら墓を作り
 松柏(ショウハク)を植えて墓となす」

 昔の中国では、墓地・廟前に松や柏を植える慣習がありました。
 一つには、樹木を、拠り所、あるいは依り代とする宗教心によるものでしょう。
 もう一つには、常緑樹の気高さによるものでしょう。
 『論語』は説きます。

「歳(トシ)寒くして、然(シカ)る後(ノチ)に松柏(ショウハク)の彫(シボ)むに後(オク)るるを知るなり」

(暖かなうちはどの樹木も生き生きとしているが、寒くなり年が暮れる頃ともなれば、他の樹木たちが葉を落とし哀れな姿になる中で松や柏が枯れずに緑を保ち、ようやくその値打ちに気づかれる。
 そのように、人間も又、災難や逆境にあってこそ、真価が明らかになる。
 平時に淡々と学び、じっと修練を重ねるところに松や柏の常緑のような値打ちがある)

 日本でも、いわゆる御神木は全国いたるところにあり、神社の祭では「おんばしら」が用いられ、五重塔の心柱をみ仏そのものに見立てたりもします。
 人間も含めて生死のサイクルが早い動物と違う樹木に一種の神聖さを感じるのは、古今東西、変わらない私たちの心性の一部ではないでしょうか。
 親孝行や宗教心といった誠心が人間以外の動物にも伝わるという今回の物語も、言い伝えられてゆく価値がありそうです。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。/

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ