コラム

 公開日: 2014-06-11 

6月14日は第五十二回寺子屋『法楽館』が開催されます ―守本尊様と光明真言のお話―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈仙台市青葉区桜ヶ丘にある『春昼堂』で出会った江戸時代の大黒様〉

 6月14日(土)午後1時30分から恒例の寺子屋が開かれます。
 今回は、守本尊様についてお話しますが、光明真言についても少々、学びましょう。

 光明真言は、いわば、スペードのエースとも言うべきもので、平安時代以来、連綿と唱えられ続けている。
 あらゆるみ仏へ祈る際に用いられるだけでなく、神前においても唱えられる。
 密教の行者は、いつ、どこででも、この真言を口にし、印を結び、法力を動かす。
 古来、百万遍唱えればいかなる悪因縁も解き放ち、自利利他の善願が成就するとされ、百万返満願の供養塔などが全国に残されている。
 四国八十八霊場を巡拝したおりに、第8番札所熊谷寺で出会った供養塔の存在感は忘れられない。
 後に、真言百万返を唱える虚空蔵求聞持法(コクゾウグモンジホウ)の満願に至り、首尾よく大願成就となったことは、この時の強い印象と関係があるのかも知れない。

 さて、古来、真言は訳さず、あまり意味を云々せず、とにかく至心に唱えねばならないとされている。
 そうした中で、光明真言については、内容をわかりやすく説いた『光明真言和讃』が長く用いられてきた。
 今回の寺子屋では、守本尊様について最後の講義となるので、この和讃について少々、お話し申しあげておきたい。
 ちなみに、こんなふうである。

○唵(オン)の一字を唱うれば
○三世(サンゼ)の仏にことごとく
○香華燈明飯食の
○供養の功徳具われり

「おん」と唱えれば、過去、現在、未来のあらゆるみ仏への供養になる。

○阿謨迦(アボキャ)と唱うる功力(クリキ)には
○諸仏諸菩薩諸共に
○二世(ニセ)の求願(グガン)をかなえしめ
○衆生を救け給うなり

「あぼきゃ」と唱えれば、さまざまなみ仏が現在の願いも、未来の願いも皆、お聞き届けくださり、生きとし生けるものが救われる。

○吠嚕灑曩(ベイロシャノウ)と唱うれば
○唱うる我等が其儘(ソノママ)に
○大日如来の御身(オンミ)にて
○説法し給う姿なり

「べいろしゃのう」と唱えれば、私たちは本来のみ仏、すなわち大日如来そのものになれる。

 問題は、〈効き目〉や〈効果〉がどうであるかという点にはない。
 お大師様はもちろん、無数の聖者方が念のこもった光明真言を唱え、それが〈何ごとか〉であったればこそ、こんにちへ伝えられているという事実にいかなる真実を観るかということであり、それが、自分にとっていかなる意味を持ち得るかと考えるところにのみ、こうしたことを学ぶ意味も意義もある。
 私たちは、阿字(アジ)に象徴されるみ仏の世界からこの世へ修行の旅にでかけ、時が至ればまた、故郷へ帰って行く存在である。
 お大師様は、弟子の智泉が旅立ったおりに詠まれた。
「阿字の子が 阿字の古里 立ち出でて また立ち帰る 阿字の古里」

 阿字の世界の功徳をいただく光明真言について学び、口にしてみることは、決して無意義ではないと思います。



 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ