コラム

 公開日: 2014-06-22 

7月の聖語 ─自分の心を省みて宿命を克服しよう― 

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈光明真言の迫力〉

 私たちは、人生を生きる過程で幾度も、〈ままならない状況〉に陥る。
 いつの間にか、誰かに憎まれ、怨まれている。
 自分も、ふとしたことで、誰かに対してそうなっている。
 我慢できないほど嫌な状況だが、憎悪の解消は簡単ではない。
 謝れば表面的には許してくれるかも知れないが、ともすれば、しこりが残る。
 何十年も経ってから「あの時の仕返しを受けた」としか思えないできごとにぶつかるのは、小説の話だけではない。
 私たちの心の中には、誰かに対する〈なくならないしこり〉が、埋もれ火のように残ってはいないだろうか?

 時として、それが発火し、小さな意地悪をする。
 周囲の人々はもちろん、相手すら気づかないかも知れない。
 でも、自分自身はごまかせない。
 ――あの時の怨みを晴らした。
 これは、本当に快なるできごとだろうか……。
 本望であるはずの嬉しさは、本ものだろうか?
 後味の悪さや、空虚な気持や、ましてや罪悪感などは、どうして起こるのだろう。
 自分が何か悪いことをしたのだろうか?
 
 これが怨憎会苦(オンゾウエク…怨み怨まれる者と会う苦しみ)であり、宿命の一つでもある。
 なかなかに、ままならない。

 お大師様は説かれた。

「この世と人間の人生には、どうにもままにならない状況に陥るという宿命がある。
 宿命から逃れられないという現実を〈我がこと〉として受けとめ、宿命の元を見極めなければ、自分の罪科が自分を地獄界や餓鬼界や畜生界などへ堕とす原因となることは、なかなか信じられないであろう」

 自分自身が、ままならなさを抱えた人生を生きていることを知ると、誰しもがそうであることもわかる。
 自分の死は都合良く訪れないし、愛着のあるものが意に反して去り、自分が相手から去ることをどうしようもない時もある。
 四苦八苦は避けられない。
 そして、ままならなさは、自分自身の心のありようと無関係ではあり得ないことを知る。

 こうして自分をよくよく省みると、悪行(アクギョウ)が罪となり、いつか必ず報いがやってくると気づく。
 この世の地獄も、きっとあの世の地獄も、私たちの罪報によってもたらされるものであると気づく。
 真の生き直しは、ここから始まる。
 あやまちを犯す私たちの心の本当の主人公は、小さな〈自分〉などではなく、海に浮かぶ氷山が海の水からなっているかりそめの存在であるように、心も、いのちも〈大海〉に連なっていると気づく。

 以下は、お大師様の原文である。

「火宅(カタク)の八苦なることを覚らずして、いずくんぞ、罪報の三途(サンズ)なることを信ぜんや」

 火宅とは、煩悩(ボンノウ)の火を燃やしながら生きている私たちの生活である。
 そこには必ず、病気や死や別れや怨み怨まれるといった〈ままならない〉状態が生ずる。
 これが八つの苦しみである。
 自分自身の生き方が自他の苦に深く関わっているという事実をしっかり見つめれば、〈この先〉に待っている報いが恐ろしくなる。
 自分が堕ちて行く地獄・餓鬼・畜生という三つの途(ミチ…世界)を想像すれば、生き方を変えないではいられなくなることだろう。
 早く気づきたい。

 今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ