コラム

 公開日: 2014-07-13  最終更新日: 2014-07-14

〈バレなければいい〉は正しいか? ―寺子屋の教え『実語教・童子教』を考える(その79)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈「みやぎ四国八十八か所巡り道場」の気持ちよさは格別です〉



 江戸時代まで寺子屋などの教材となっていた『実語教・童子教』を読んでいます。
 いよいよ、最終回となりました。

「砂で塔を作る人は
 早く黄金色の健康な肌となる
 大切な花を折ってみ仏へお供えする人は
 速やかにみ仏が坐する蓮華の台へと導かれる
 み仏の教えをたった一句、信じて心に保つだけでも
 この世を動かす転輪王ほどの力を持つ
 たった一部しか教えを聞かなくとも
 その徳は世界中の宝ものよりも勝れている」

 現代では、紫外線で肌が灼けることをあまり歓迎しない向きもあるが、以前は、子供たちが陽光を浴びて黄金色の肌になることを健康な証拠として喜んだ。
 砂遊びに夢中になっていると健康な肌が得られるように、花を供えることも、教えを一つ心に保つことも、教えを学ぶことも、必ず大いなる結果に結びつく。
 たとえ僅かな時間しか、かけなくても、教えの扉を開けば、その先には広大で豊潤な世界が広がっている。
 以下、原文である。

「砂(イサゴ)を聚(アツ)めて塔を為(ス)る人
 早く黄金(コガネ)の膚(ハダエ)を研(ミガ)く  
 花を折つて仏に供(クウ)ずる輩(トモガラ)は
 速(スミヤ)かに蓮台(レンダ)の趺(アナウラ)を結ぶ 
 一句信受(シンジュ)の力も
 転輪王(テンリンオウ)の位(クライ)に超(イタ)る  
 半偈(ハンゲ)聞法(モンポウ)の徳も
 三千界(サンゼンカイ)の宝にも勝(スグ)れたり」

「機根が勝れている人は、ぜひ、仏道を学ぶべし
 機根が中くらいの人は、国の恩、親の恩、生きものの恩、仏法僧の恩を忘れないようにせよ
 機根が勝れていない人は、天界から地獄界まで、いずれの世界にも生きている
 どこにいようとも、仏道を学び、仏道を生きることができる」

 機根の上下は、人間を差別する考え方ではない。
 言わば、仏道との相性のようなものである。
 ピンと来る人は仏道を学び、あまりピンと来ない人は、とにかく恩知らずにだけはならないようにしようと説いている。
 そして、先の見えない地獄界やあまり苦を感じない有頂天の世界にあっても、仏神は必ず見ておられるので、縁によって気づきさえすれば導かれ、救われ、誰かのためになることもできるのである。
 以下、原文である。

「上(カミ)は須(スベカラ)く仏道を求む
 中(ナカ)は四恩(シオン)を報(ホウ)ずべし  
 下(シモ)は編(アマネ)六道(ロクドウ)に及ぶ
 共に仏道成(ナ)るべし」

「この経典は、幼い童などを人の道に導こうとして
 因果応報の道理について説明した
 日本の書物も外国の書物も引用した
 この経典を読む人は、内容を謗ってはならない
 この書物の教えを聞く人は、内容を笑ってはならない」

 最後に、念を押すように示されているのが因果応報の道理である。
 その理由は、あらゆる倫理・道徳がこの道理を離れてはあり得ないからである。
 もしも、稲の種を蒔いて毒ハーブができるならば、私たちは生きられない。
 しかし、ネット社会は、〈匿名性〉によって深刻な状況をもたらした。
 たとえばサイバー攻撃とは、国家的規模による破壊や侵害であり、その暴力性は〈匿名〉であるだけに際立って悪質である。
 もしも、覆面で他人の家へ忍び入り、知らぬ間に家人が大切にしているものを破壊して去ったなら、いかなる罪状が列記されるかを考えればすぐにわかるように、サイバー攻撃は明確な悪行である。
 今は、メールや掲示板で他人を侮辱し、罵倒し、知らん顔ができる。
 もしも面と向かって相手の人格を侵害したなら、反論され、怒りを買い、あるいは悲しませ、落ち込ませ、いずれにしても相手の変化を自分で受けとめねばならないが、自分を隠しているので、相手の変化から無縁でいられる。
 気に入らない相手を闇夜に紛れて棒で殴り、倒れた相手をそのままにして走り去り、何知らぬ顔で翌朝を迎えたなら、その暴力性は〈匿名〉であるだけに際立って悪質ではないか。

 不当な攻撃や悪質な勧誘などが横行するネット社会の悪は、因果応報から都合良く逃れられるという強い錯覚によってもたらされた。
 一昔前は、「お天道様が見ているぞ!」と子供の嘘を叱った。
 それは、因果応報を教え、恥を教える言葉だった。
 現代では、お天道様を失ったかのように、卑劣な形でありとあらゆる悪行が横行し、人々はいつでも恥知らずになれる。
 今こそ、因果応報の道理すなわち、お釈迦様が説かれた仏教の根本を見直すべきではなかろうか。
 これ以上、〈バレなければいい〉という倫理の崩壊が進まぬよう、強く願ってやまない。
 以下、原文である。

「幼童(ヨウドウ)を誘引(ユウイン)せんが為(タメ)に
 因果(インガ)の道理を註(チュウ)す  
 内典(ナイテン)外典(ゲテン)より出(イ)でたり
 見る者誹謗(ヒボウ)すること勿(ナカ)れ  
 聞く者笑(ショウ)を生(ショウ)ぜざれ」

 もしもこのまま、因果応報の道理をあざ笑い続けるならば、私たちの文明に果たして、まっとうな未来はあるだろうか……。

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ