コラム

 公開日: 2014-07-14 

悲哀のままに喜悦へ至った関根正二 ―二つの自画像について─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





『自画像』

 7月13日の日曜美術館は、明治32年に生まれ、20年で逝った画家関根正二を紹介した。
 信濃デッサン館(長野県)の館長窪島誠一郎氏は、開館のために、どうしても欲しかったのが関根正二の『自画像』だったという。
 17才で書いたこの作品には三つの顔がある。
 窪島誠一郎氏は言う。
「上は沈思黙考。
 下はふと何かを決意したような顔。
 そしてその決意を果たしてそれでいいのかと大きな自画像が問い詰めている」
 脳を絞るような探求と一瞬の気づきは、将棋の棋士を思わせる。
 棋士は絶妙手を発見しても、決して飛び上がらない。
 勝負は最後までわからないからだ。
 自画像はまるで、行く末の厳しさをすべて見透そうとでもしているかのようである。

 オスカーワイルドを耽読し、「悲哀のみ唯一の真理」に強く惹かれた関根正二は書いた。
「どうして人間は泣くように生まれたのでしょう」
 福島県立美術館学芸課長伊藤匡氏は指摘する。
「失恋と貧乏の一生だった。
 生きた、恋した、書いた、なのです」
 アトリエは長屋の2畳ほどしかなく、絵の具も満足に買えない貧しい暮らしの中で、関根正二は伊東深水、今東光らと交わりながら苦闘した。

 ペンによるデッサンに励んだが、死の直前、手元にあるものはすべて自分で燃やした。
 残ったのは『「自画像』を含め、信濃デッサン館に蔵されている10点のみである。
 窪島誠一郎氏は言う。
「17歳の自画像には西洋の巨匠たちのように線によって対象を捉え尽くそうとする気迫が籠もっている。
 彼が愛してたのは竹ペンとインク。
 強さの中に〈しなり〉がある。
 色彩を超えたものが線。
 人間の持つ陰影が、必要最小限のものによって描かれた」

 美術史家の酒井忠康氏は言う。
「デッサンというのは、ある意味で、いわば感受性の台所。
 想像力が加われば料理になる」

 ルオーの言葉を思い出した。
「デッサンは目覚めた精神のほとばしりだ」
「強い作品と実直な作品とを区別するものは、時として外見上は些細なものだが、実際は一つの『深淵』だ。
 音楽家が鍵盤に触れる、またはヴァイオリンの弦に弓を置く敏感なやり方、主題と取り組むやりかただ」
 関根正二のデッサンは、まぎれもなく、ほとばしっている。
 こうあるしかありようがない、という強さがある。
 ただ、ニューヨークヤンキースの田中将大投手が凄まじいスプリットを投げてバッターを打ち取り、役割を果たしたあげく肘を故障したのに似て、その〈強さ〉は、どこかで、心身の限界を超えてしまっていたのではなかろうか。

 関根正二は「関根のバーミリオン」と呼ばれる朱色にたどりついた。
 そして大正8年、病魔に冒され、20年と2ヶ月の人生を終える。
 衰弱しきった身体から痩せた手を伸ばし、恐ろしい形相で虚空に絵を描いた。
 また、ルオーの言葉を思い出す。
「作品だけが残る。
 巡礼よ、君が困難な抜け道の上で苦しんだことを、『現在』そしてさらに『未来』は何ら斟酌(シンシャク)しない」
「最善の努力がはたされ、そして望ましい点に導かれないうちはその努力が中断されなかった人々は幸いだ」
「芸術とは無関係な、しばしばみじめな理由のために、自分のつらい仕事から引き離されなかった人々は幸福、至福である」



『三星』

 関根正二は、亡くなった年に『三星』を描いた。
 二人の女性に挟まれた自画像には「関根のバーミリオン」が際立ち、敬愛するゴッホの『耳を切った自画像』に似て、耳が隠されている。
 17才時のデッサン『自画像』における険しさは背景に退いている。
 むしろ、同時期に描かれた『信仰の悲しみ』を歩く女性のまなざしと通じるものがある。
 この作品は当初『楽しい国土』と名づけられていた。
 絵を目にした友人伊東深水が、楽しさよりも悲しみを感じると指摘したことがきっかけとなり、名は変えられた。
 17才にして人生の底に涙と悲哀を観てしまった関根正二。
 ついにつかんだ楽しさすらも、本人が気づかぬまま、悲しみをまとっていた関根正二。
 若山牧水は詠んだ。
「山ねむる山のふもとに海ねむるかなしき春の国を旅ゆく」
 死を伴走者とした人生から悲哀は消えない。
 悲哀即喜悦の境地まで行き着いた関根正二は、芸術家として「幸福、至福」な死を迎えたと言えるのではなかろうか。



『信仰の悲しみ』

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ