コラム

 公開日: 2014-07-20 

真智の開発をめざして(その6) ─五智の教え・愚癡を言わぬこと─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。







「五智」とは、優しさ・厳しさ・正しさ・優雅さ・尊さであり、その五光により、妄知(モウチ…おかげさまと心の底から思えない惑った心)も邪知(ジャチ…万事を我がためとするよこしまな心)も消え失せます。

 さて、厳しさは、〈愚癡〉〈好悪〉〈自他〉〈明暗〉〈公私〉という五つの問題がきちんと整理される時、〈人間がみ仏の子である証明〉として完成します。

[2の1]厳しさ─愚癡を言わない

 私たちは、自分へ対して優しく、他人や社会へ対して厳しくなりがちです。
 それは、〈自分可愛さ〉があるからです。
 自分の欠点に気づいていない人ほど、他人の欠点をあげつらうものです。
 こんな言葉を耳にしたことはないでしょうか?
「あの人が他人の悪口を言うのを聞いたことがない」
 人格に対する最高の誉め言葉です。
 どう最高なのか?
 他人の悪口を言えぬほど、自分の至らなさを知っているからです。
 未熟な自分を戒め、言動を慎む時、その人は〈自分可愛さ〉から離れています。
 なかなか、このようには振る舞えず、言われた人はもちろん、聞き手にも不快感を与えがちな私たちであればこそ、〝自分へ厳しくしよう〟という、向上する意志が必要です。

 自分へ厳しくするためには、まず、愚癡を言わないようにしましょう。
 この場合の「愚癡」とは、言っても仕方のないことをグタグタと並べて時間を潰す行為だけではありません。
 そもそもは三毒という苦しみの根源とされているものの一つです。
 三毒とは、貪(トン…貪ること)・瞋(ジン…怒ること)・癡(チ…愚かなこと)であり、ものの道理に暗く、智慧のはたらかない状態が愚癡です。
 インドの言葉ではモーハと言い、漢字文化圏に入ったおりに、「愚癡」あるいは、「馬鹿」と訳されました。
 文字を見てわかるとおり、意味からは「愚癡」とされ、音からは「馬鹿」とされたのです。
 そもそも、愚癡は馬鹿と同じであって、決して馬や鹿がバカなのではありません。

 では、愚癡とはどう馬鹿なのか?
 道理に暗く、智慧のはたらかない状態とはどういうものか?
 もちろん、頭の良し悪しを指すのではありません。
 仏教的には、原因には必ず結果が伴うことが本当にわかってはいない状態、あらゆるものは縁の糸で結ばれていることを実感できない状態、この二つを指します。
 仏教語では、因果応報と、縁起を知らない、もしくは忘れていれば愚癡の人ということになります。

 一見、難しそうな話ですが、決してそうではありません。
 第一の「因果応報」については、起こっているものごとには必ず原因があり、結果のでない行為はない、と本当に思えれば大丈夫です。
 あるいは、悪いことをすれば必ず罰が当たる、良いことをすれば必ず仏神が見ていてくださる、と思えれば大丈夫です。
 まっとうに汗を流している人が必ずしも報いられず、悪知恵にたけた人が地位や財産を得たりしているという現実を前にしてもなお、原因と結果はつながっているというお釈迦様の説かれた真理を信じて、良心に従った生き方のできる人は、人間として大丈夫なのです。
 また、第二の「縁起」については、すべては縁の糸に結ばれて起こり、存在しており、時の流れの中で縁が変わればすべては変わって行くと思えれば大丈夫です。
 あるいは、何ごとも「おかげさま」と感謝し、自分より先に亡くなったネコや人に「無常」を感じれば大丈夫です。
 育ったことも生きてきたことも、何でも自分の力でやってきたような高慢心による勘違いから離れ、自己中心的な執着心でしがみつく愚かさにきづけば、人間として大丈夫なのです。

 このように考えると、いわゆるグチを言って大切な人生を浪費してなどいられなくなります。
 また、自分に厳しくなれば、グチという〈未来を創造しない〉状態につけ入り、「そうだ、そうだ」と同調して歓心を買い、うまく利用しようとする心の暗い人との縁ができにくくなります。
 グチを聴いてくれる人が本当に相手のことを思っているのなら結構ですが、親身になってくれているはずの人にあれこれ言いふらされて酷い目に遭ったなどというできごとは、日常茶飯に起こります。
 愚癡の人の因縁は、愚癡の人を引き寄せたりもします。
 言いたい時にはグッとこらえて〈自分に厳しく〉し、グチをやめようではありませんか。
 子供たちの姿に励まされ、花に微笑み、未来をこそ、語ろうではありませんか。
 ただし、自分をあまり追いつめないよう、辛い時にはみ仏へ手を合わせて報告し、お救いいただきましょう。
 無限のお慈悲は、無限の吸い取り紙でもあるのです。
 ありがたいものです。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ